ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

世界初、ウィンタースポーツ向けのハイテクなARゴーグル登場!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
RideOn

冬といえば、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツ!毎年このシーズンは大忙しだという人もいるだろう。ゲレンデではゴーグルは必須品だが、なんとこのゴーグルに、AR(augmented reality)の機能を搭載したハイテクゴーグルが開発中のようだ。

世界初のウィンタースポーツ向けARゴーグル

イスラエルのTel Avivにベースを置く「RideOn」が開発しているもので、世界初のウィンタースポーツ向けのARゴーグルだという。開発者の1人、Alon Getz氏は、「スキー中に、すぐさま自分の現在地を確認したり、友人とはぐれたときにコンタクトを取ったりできればよいのに」という実体験から、このゴーグルのアイデアを着想したという。

「RideOn」ゴーグルでは、ゴーグルのレンズ部分がシースルーのディスプレイになっていて、実際に見えているユーザーの視野の中にデータや情報を表示する。つまり、スキーを滑っている間も、視界を遮られる心配はないということ。

視界内に、アイコンが浮遊して見える

ゴーグルを着用したユーザーには、少し先にカーソルが浮遊しているように見え、カーソルはユーザーの視界の中心に表示されている。顔を動かす動作に反応してカーソルも動き、アイコン上でしばらく視点を固定することでコマンドを決定する。友人のほうを見たり、興味をもった対象に視点を置くだけでよい。

ハンズフリーで操作でき、手袋を脱ぐ必要なし!

RideOn2

視線の向きで操作するため、完全ハンズフリーでコントロールができるので、わざわざ手袋を脱いで、スマートフォンを取り出す必要がない。スマートフォンはポケットの中に安全に入れておけばよい。

通話、動画撮影まで可能

このゴーグルは特に友人と一緒のとき活躍してくれそうである。ユーザーはお互いの現在地を確認し合ったり、通話やメッセージのやり取りも可能。ゲレンデやスキー場の情報を入手してルート案内を表示したり、ロッジやレストランの場所をチェックしたりと、便利に使いこなせそうだ。

さらに、「RideOn」には高解像度のカメラが搭載されていて、動画を撮影することもでき、ソーシャルメディアに投稿したり、友人とビデオチャットをして楽しむこともできる。また、ポイント制のゲームにチャレンジして遊べるようになっており、バーチャルな回転滑降ゲームをしたり、好きなアスリートの影を追って滑ったり……なんてことも可能。楽しみながらスキーのスキルアップができそうだ。

非常に多機能なハイテクゴーグルは、現在資金調達プラットフォームIndiegogoでキャンペーンを開催しており、早期予約特典として499ドル~で提供中。世界どこでも送料無料なので、興味がある人は1度チェックしてみてはいかがだろう。

RideOn

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。