ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

三代目JSB、初週で自己最高累積売上50.8万枚 3作連続オリコンアルバム首位

DATE:
  • ガジェット通信を≫

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEのニューアルバム「PLANET SEVEN」(1月28日発売/rhythm zone)が発売初週で50.8万枚を売り上げ、2月9日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:1月26日~2月1日)で首位に初登場。アルバムは、「MIRACLE」(2013年1月発売)、「THE BEST/BLUE IMPACT」(2014年1月発売)に続き3作連続、通算3作目の首位を獲得した。

男性アーティストによるアルバムの初週50万枚突破は、嵐「THE DIGITALIAN」(初週66.0万枚・昨年10月発売)以来で今年は初めて。また、自身としては発売初週にして最高累積売上記録となり、アルバム「THE BEST/BLUE IMPACT」(昨年1月発売)が58週かけて記録した36.1万枚を更新した。

本作「PLANET SEVEN」には、2014年レコード大賞受賞曲「R.Y.U.S.E.I.」を始めとする2014年の「春夏秋冬」4部作、新曲「Eeny, meeny, miny, moe!」、今市隆二、登坂広臣のソロバラード2曲などが収録されている。

NAOTO(リーダー)
この度自分達のアルバム「PLANET SEVEN」がオリコンウィークリーランキング一位を頂きましてとても光栄に思います。昨年は自分達三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEにとって「R.Y.U.S.E.I.」という楽曲に出会いレコード大賞を頂いたりと大変思い出深い一年となりました。その中でアーティストとして次なるステージに向かう時が来たと感じています。このアルバムは今までの自分達の集大成と新たなスタートの両方が混在したターニングポイントのようなアルバムです。是非皆様このアルバムを聴いて今年開催予定のドームツアーへ足を運んで頂けたら嬉しいです。

小林直己(リーダー)
「PLANET SEVEN」がオリコンウィークリーランキング一位をいただき、沢山の方々に応援していただいていることを本当に嬉しく思いますし、身の引き締まる思いです。この枚数には、正直驚いています。このアルバムは、レコード大賞をいただいた「R.Y.U.S.E.I.」を筆頭に、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの去年までの活動と、今年一年をつなぐ、名刺代わりのような一枚となっており、今できる全てを注ぎ込みました。このアルバムをもって、今年春から行われる初の単独ドームツアーに向けて、これまで以上に精進していきたい思いです。沢山の方々に、期待してもらえるようなアーティストでいられるよう、一生懸命努力し続けたいと思います。ありがとうございます。

今市隆二
「PLANET SEVEN」がオリコンウィークリーランキング一位を獲得することができました。この結果は自分達の力ではなく、関わって下さっている全ての方々のお陰です。感謝の気持ちで一杯です。そして多くの方々がこのアルバムを手に取って聴いて下さっていることを考えると心から嬉しく思います。聴いて下さった方々が笑顔になったり癒しに繋がることを願っています。そして、このアルバムに収録されている「All LOVE」は僕の初めてのソロ楽曲です。この曲との出会いは、実はもう2年ほど前になるのですが、当時から凄くいい曲で、いつか作品にしたいなとずっと思っていました。今作で、こうしてやっと形にすることができ、凄く嬉しい気持ちで一杯です。この曲はビッグバラードなので、愛をテーマに描こうと思い制作させて頂きました。恋愛を始め、家族愛や友情、愛には色んな形があり、大きな愛をテーマに歌詞を書かせて頂きました。この曲を聴いて下さった方が、愛に包み込まれて、前向きで優しい気持ちになって頂けたら嬉しいです。

登坂広臣 ※登坂広臣の「PLANET SEVEN」収録のソロ曲は「Link」
僕らの「PLANET SEVEN」が一位を獲得出来た事を本当に嬉しく思います!!僕らにとって昨年の駆け抜けた成果、そしてこれからの三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEを感じ取れる1枚を多くの方々に聞いて頂けて感謝の気持ちでいっぱいです!このアルバムには初のソロ楽曲が収録されていますが、僕の初めてのソロ楽曲で、男女の恋愛観を表現しています。ソロ楽曲の制作が決まった際、たくさんのデモ曲を聴いた中で、この楽曲のデモを聴いたときにだけ、なぜかいきなりフッと世界観や歌詞が浮かんで、まさに、楽曲との出合いを感じた瞬間でした。そこから、初めてこの楽曲のデモを聴いたときのイメージを思い出しながら、そのイメージに沿って時間をかけて、丁寧に慎重に言葉選びを行って作詞していきました。恋愛が持つ儚さやせつなさを描いているのですが、エモーショナルな言葉をメロディーに乗せることによって、人間の感情的な部分を表現しています。皆さんの恋愛におけるストーリーと照らし合わせながら聴いていただいてもいいですしとにかく思いっきりこの曲の持つ世界観に浸って聴いていただきたいです。

関連リンク

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE オフィシャルサイトhttp://jsoulb.jp

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP