ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

毎日使いたい!世界で流行のスタンド式ドリップスタイルでこだわりのコーヒーを!!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2005年に発表以来、今では世界70カ国以上で発売されている、HARIO「V60透過ドリッパー」。アメリカで始まった新世代のコーヒーカルチャー、サード・ウェーブの焙煎所やカフェで「HARIO」「V60」といえば、ほとんど誰もが知っているほど注目を浴び続ける、まさにアイコン的な存在だ。

今、アメリカのコーヒーシーンで流行しているのが、コーヒー抽出時にスタンドを使うスタイル。おしゃれな店内にドリップスタンドが並び、バリスタが1杯ずつドリップするシーンは、機能的でありながら自由で楽しい雰囲気にあふれている。

新アイテム「V60アームスタンドガラスドリッパーセット」(8000円・本体価格)は、耐熱ガラスのV60ドリッパーとサーバーにアームスタンドがセットになったハンドドリップコーヒーのためのスタンドセット。

セットのアームスタンドは、シンプルでどんなインテリアにもなじむデザインで、透明のガラスのドリッパーとサーバーとの組み合わせがスタイリッシュなドリップシーンを演出する。

また、計量スプーンやペーパーフィルターも付いているので、すぐにハンドドリップが楽しめる。

V60ペーパードリップのおいしい理由は、“円すい形”、“スパイラルリブ”、“大きなひとつ穴”の3つ!

円すい形のカタチは、コーヒー粉の層が深くなり、旨味をしっかり抽出。さらに、ドリッパーの内側にはひねりを加えたスジを入れたリブ加工を施してあるので、ペーパーを浮かせてネルドリップのようにふっくらと全面ろ過できる。大きなひとつ穴は、お湯を注ぐ速度によってコーヒーの味を変えることができる。

もっと手軽に、もっとおしゃれに、ドリップコーヒータイムを楽しんでみてはいかが?いつものドリップがちょっとおしゃれに決まりそう!詳しくはこちら(http://www.hario.com)から。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。