ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

相撲大好きアラサー女子が推薦「ハズさない」相撲解説者3人

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 用意された資料をひたすら読む実況に、選手や技の名前を何度も間違える解説者。日本人選手が世界で活躍する時代となったが、テレビのスポーツ解説のお粗末さにイラッとさせられることも多い。そこで今回は、相撲が大好きなアラサー女子で、人気ブログ「女子だけど相撲大好き」を運営する大相撲ブロガー・好角家ちゃんに、大相撲の解説を「絶対ハズさない」解説者を3人推薦してもらった。

●式秀親方(元北桜・43)
 ビーズ手芸が趣味の独自キャラと、負けた力士のいいところを見つけるほめ上手なところが人気。筋肉へのこだわりにも注目。

●北の富士勝昭さん(72)
 元横綱。さらに千代の富士ら2人の弟子を横綱に育てた実績があるため、どの力士、親方に対しても、遠慮することなく、一刀両断。読みも鋭い。上のコメントは、栃煌山がバタつく姿に対する苦言。

●中村親方(元琴錦・46)
 論理的な技術論、心理状態の読みの鋭さに加え、テレビショッピングのような流暢な語り口。聞き逃さないよう集中すべし!

※女性セブン2015年2月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
改革派の貴乃花親方はKY扱いされ、潰す勢力が存在すると識者
朝青龍 モンゴルの大統領になる宣言をし「白鵬なんか…」
相撲協会 「次期・貴乃花理事長体制」に向かって形勢固まる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP