ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Spotify、フィットネス系アプリRunkeeperと連携

DATE:
  • ガジェット通信を≫

posted by Jay Kogami

定額制音楽配信Spotifyと人気フィットネス系アプリ「Runkeeper」が連携、ワークアウト中にカスタム・プレイリストが再生可能に

サブスクリプション型の音楽ストリーミングサーヴィス「Spotify」がソニーと提携して「PlayStation Music」をPlaystationユーザーやXperiaユーザーに提供するという驚きの発表から数日も経たないうちに、今度は人気のフィットネス・アプリ「Runkeeper」が、Spotifyとの連携を発表しました。

iOS向けのRunkeeper (ヴァージョン5.2)では、ユーザーはSpotifyに接続して自分が作成したSpotifyプレイリストや、Spotifyがキュレーションしたプレイリストを再生しながらランニングやトレーニングが行えます。

これまではiTunesアプリに入れている楽曲を再生しながらジム通いする人が多いと思いますが、Spotifyとの連携で15億個以上のプレイリストにアクセスできるようになることで、モチベーションをアップさせるプレイリストやランニングに合わせたプレイリストなど、気分に合わせて好きな曲を選ぶことが可能になります。RunkeeperでSpotifyを再生するためには、Spotifyのプレミアム・アカウント (月額9.99ドル)が必要です。

先日発表されたPlaystation Musicはゲーム・コミュニティ、Uberとのパートナーシップは移動中の車内、Runkeeperはフィットネスと、Spotifyが音楽を提供する場面は、日頃の利用だけにとどまらず、さまざまな用途とパートナーによって、着実に広がっていることは、Spotifyの魅力の一つと言えるでしょう。生活と密着して好きな音楽が聴ける環境作りをサポートするSpotifyに音楽業界以外の企業がプラットフォームとして注目することからも、今後はどの市場に進出するのか注目です。

Runkeeperでは現在iOSアプリのみSpotify連携を発表しました。2社のパートナーシップはこれが第一弾で、今後はAndroidアプリでの連携も視野に入れているとのことです。

■記事元http://jaykogami.com/2015/02/10596.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP