ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

花粉症の人は「沖縄で働いていいよ!」 ITベンチャーspice lifeが「リモートライフ制度」導入

DATE:
  • ガジェット通信を≫

毎年春先になると、やっかいな花粉症に悩まされている人も多いだろう。日本アレルギー協会の調査によると、全国に約3000万人の患者がいると推計されている。

そんな中、オリジナルTシャツをWeb上でカスタマイズできるECサイト「tmix」などを運営するspice life社は2月2日、全社員を対象に「リモートライフ制度」の導入を発表した。花粉が飛ぶ時期には「花粉のない場所でリモート勤務が可能になる」という、患者にとってはなんともうらやましい制度だ。
リモート勤務にかかる費用も「会社負担」

同社社員の4分の1は花粉症を抱えており、以前から花粉が飛散する時期には、

「仕事のパフォーマンスは半減して、日によってはまったく仕事にならない日もある」
「花粉症用の薬の影響で眠くなる」

と、万全な体調で仕事に打ち込めていないとの悩みがあがっていた。リモートライフ制度を利用すれば、社員は自分が決めた好きな場所で「リモート勤務」が可能になる。

リモート勤務にかかる費用も、限度額はあるが基本的に全額spice life社が負担する。同社広報によると早速19日から、花粉症社員がスギ花粉の飛ばない沖縄での勤務を開始するという。

花粉症患者でなくとも、「セミナーに長期で参加したい」「地方の会社と密に働きたい」など、会社が「業務上、リモートワークが必要」と認める場合には、会社が費用を支給し「好きな時期」に「好きな場所」で働くことが可能になる。

期間にも制限はない。会社が「必要」と認めれば1年、2年といったリモート勤務もOKだという。この発表をみたネットユーザーからも、「夢のような会社だ」「これは素晴らしい制度」「すごい。行きたい」と羨ましがるコメントが多く見られている。

あわせてよみたい:社員の能力を100%発揮させるためなら「何でもやる」会社
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP