ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アーミル・カーンも絶賛、新感覚インドムービー公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世界一の年間製作本数を誇る映画超大国インドが、全世界に向けて放つ本格派サスペンス・エンターテインメント『女神は二度微笑む』が、2月21日に公開される。

 インド映画と言えば、“歌って踊る”というイメージが強いが、近年歌も踊りもないドラマ性の高い作品が次々と登場し、新たな注目を集めている。その中でも本作は、本格的サスペンスとして異色を放っており、同国のアカデミー賞と呼ばれるインド・フィルムフェア賞で監督賞、主演女優賞など5部門を独占している。

 舞台は混沌とした熱気が渦巻く巨大都市コルカタ(旧名:カルカッタ)で、失踪した夫捜しのために美しいヒロインが単身この街を訪れる。全く手がかりがない中、路地裏の迷路のように謎は広がり、真相に近づこうとすればするほど、彼女の危険に身が迫る。そして、協力者が次々と殺される中、夫に似た男の存在が浮かび上がってくる。

 インドの国宝級俳優アーミル・カーンは「『女神は二度微笑む』は新しいフィルムメーカーが従来の商業映画のフォーマットに囚われず、果敢に作り上げたクオリティの高い作品!」と本作を大絶賛。さらに、『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のニールス・アルデン・オプレヴ監督によってハリウッドリメイクも決定している。

◎公開情報『女神は二度微笑む』
2015年2月21日より渋谷ユーロスペースほか全国順次公開

関連記事リンク(外部サイト)

映画公開に先駆け、スター・ウォーズ展がこの春スタート
あの“レリゴー”シンガーがコメディ番組出演へ
「奥田民生級の衝撃」瀧川ありさ アニメ『七つの大罪』ED曲が続々1位獲得

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。