ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リリーと瀧がバトル! “ヤクザヴァンパイア”を描いた『極道大戦争』キャスト&特報解禁

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

gokudoudaisenso_main
噛まれたら、全員ヤクザ。三池崇史監督、市原隼人主演の映画『極道大戦争』の公開初日が、6月20日(土)に決定。リリー・フランキー&ピエール瀧の“凶悪”コンビなど、豪華新キャストが明らかになりました。

『極道大戦争』は、ヤクザヴァンパイアに噛みつかれた人間が、次々とヤクザ化してしまうという奇想天外、予測不可能な完全オリジナルストーリー。三池崇史監督が自身の原点回帰と位置づけ、初心に戻って挑んだこれぞ”三池節”な完全無敵の極道エンターテイメントです。

三池さんファン注目の本作は豪華キャストにもご注目。市原隼人演じる主人公・影山の覚醒を支えるヒロイン・杏子には『妖怪大戦争』(05)以来、10年ぶりの三池 組参加となり大戦争モノ(!?) に縁がある成海璃子。

史上最強伝説をもつヤクザの組長・神浦玄洋には、リリー・フランキー。『神さまの言うとおり』と公開が前後したものの、三池組の現場への参加は、本作が初。組長で、ヴァンパイアで、史上最強という3拍子全てが初めての役柄に挑みます。

神浦組の若頭役には、高島礼子が性別度外視の大抜擢にして、三池組初参加。高島が主演を務めた極妻シリーズ以来、極道映画への参加は10年ぶり。そのほか今回、初めての三池組で極道役に挑戦する劇団EXILEの青柳翔、『殺し屋1』 『クローズZERO』に出演し、三池監督が絶大な信頼を寄せる渋川清彦、弱冠15歳にして圧倒的な存在感で ヤクザヴァンパイアに変身する女子高生を演じる優希美青。

『凶悪』以来の極道役で、リリー・フランキーとの対決シーンも期待されるピエール瀧。意外にも映画としては三池組初参加となるでんでんが、親分を殺され苦悩する影山を導くキャラクターとして脇を固める。 劇中では、最強伝説をもつヤクザヴァンパイアである組長・神浦(リリー)の遺志を受け継ぎ、ヤクザヴァンパイアとなった影山(市原)が、その敵討ちの刺客と戦いながら覚醒していく姿が描かれます。

三池監督、各キャストのコメントは以下のとおり。カエルは何者!?

gokudodaisenso_allcast
【三池崇史監督 コメント】
観客の皆さんには、自分の物差しで計算できるものだけでなく、こういう映画もあっていいんだと、 おもいっきりこの作品を楽しんでもらいたいなと思います。

【成海璃子 コメント】
10年ぶりに三池組へ参加できて嬉しいです。私はヤクザ化しなかったので、すこし寂しかったです。
ヤヤン・ルヒアンさんのファンなので共演できて光栄でした。

【リリー・フランキー コメント】
監督の演出はもの凄く独特で興味深く、「明日もまた行きたい」と思わせてくれる現場でした。

【高島礼子 コメント】

もともと三池監督の作品が大好きだったので、オファーをいただいた時は不安よりも嬉しい気持ちが勝ってました。現場に入ってしまったら、このキャラクターを男が演じるか、女が演じるかはたいした 問題ではないんだと気づきました。今回、全てが初体験でとても楽しませていただきました。

三池崇史×市原隼人『極道大戦争』特報映像!
http://youtu.be/vE6Qnj-SESg

『極道大戦争』ストーリー

神浦玄洋、史上最強といわれるヤクザの組長。 異彩を放つ数々の不死伝説が広まり、彼のことをヴァンパイアと呼ぶものさえいた……。
海が近くうら寂れた毘沙門仲通商店街は、街の人々からの信頼が厚い神浦玄洋(リリー・フランキー)を組長とする 神浦組が牛耳っていた。神浦の舎弟である影山亜喜良(市原隼人)は、敏感肌ゆえ刺青も入れられない若衆止まりの半端者。神浦に憧れて極道の世界に入ったものの、映画のような誇り高い仁義や任侠心に満ち溢れた理想の 世界からほど遠い現在のヤクザ社会にうんざりしていた。退屈な毎日を送っていたある日、神浦の命を狙う刺客 たちが次々と毘沙門仲通商店街に現れる。神浦を狙う刺客たちは何者なのか? なぜ、神浦を狙うのか? 死闘の果て、影山の前に八つ裂きにされた神浦が横たわっていた。駆け寄った影山の首筋に、瀕死の神浦が 突然噛みついた瞬間、影山に神浦の血が逆流する……「ヤクザヴァンパイアとして生きろ!」神浦はそういい残し絶命する。かくして“血の儀式”が行われ、街中を巻き込んだ刺客たちとの新たな闘いがはじまろうとしていた。

(C) 2015「極道大戦争」製作委員会

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。