ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

原田知世、最新作は短編小説を綴るように歌うラヴ・ソング・カヴァー・アルバム

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
原田知世、最新作は短編小説を綴るように歌うラヴ・ソング・カヴァー・アルバム

(C)Takehiro Goto
原田知世が、3月18日にニュー・アルバムをヴァーヴ・レーベルよりリリースすることが発表になった。

新作のタイトルは、「恋愛小説」で、「大人のラヴ・ソング」をテーマにした全編英語詞のカヴァー・アルバム。ポップス、ロック、ジャズ、ボサ・ノヴァといったさまざまなジャンルのラヴ・ソングから、歌詞を吟味し10曲を厳選。ザ・ビートルズ「夢の人」、ノラ・ジョーンズ「ドント・ノー・ホワイ」、エルヴィス・プレスリー「ラヴ・ミー・テンダー」といった有名曲から、レナード・コーエン「イン・マイ・シークレット・ライフ」、マルコス・ヴァーリ「イフ・ユー・ウェント・アウェイ」といった隠れた名曲まで、1曲ごとに異なる主人公を、異なる脚本で演じるように歌っているとのこと。なお、「ドント・ノー・ホワイ」には、作者であるジェシー・ハリスがデュエットで特別参加している。

プロデュース及び楽曲アレンジは、近年の原田知世作品を手掛けるギタリスト/作曲家の伊藤ゴローが担当。前作のレコーディングやツアーに参加した気心の知れたメンバーに加え、堀江博久、坪口昌恭(東京ザヴィヌルバッハ/DCPRG)、吉野友加(tico moon)といった個性豊かなミューシャンがバックアップ。アコースティック~ボサ・ノヴァ~ジャズのテイスト漂う、大人リスナーのための上質なポップ・アルバムに仕上がっている模様。

原田知世 コメント
こんにちは。原田知世です。
ヴァーヴ・レーベルより、洋楽のカヴァー・アルバムをリリースいたします。
タイトルは「恋愛小説」。
短編小説を読むように、10曲の恋の歌を聴いていただけたら嬉しいです。
プロデューサーの伊藤ゴローさんをはじめ、素敵なミュージシャンの方々と共にじっくりと作り上げました。
どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。