ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

シフト業務の人のためのiOSカレンダーアプリ「Shifts」、今ならセール価格で!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Shifts2

世の中にはいろんな職業がある。読者の中には、「日勤と夜勤が交互にくるローテンション」「まったくの不定期」といった環境で働いている人もいるだろう。

医療や警備、ITサーバー管理といった24時間体制の現場で、そうしたシフト業務に就いている人向けのiOSカレンダーアプリ「Shifts」がこのほど登場した。自身のワークスタイルを簡単に設定・管理できる非常に使い勝手がいいものだ。

・ローテーション設定も

特徴としては、まずシフトの種類をユーザー自身で設定できることが挙げられる。これは、人(職場)によって夜勤が20−5時なのか、24−8時なのか異なるからだ。

ユーザーはシフトの種類をニーズに合わせて「早番」「日勤」「遅番」「夜勤」などと時間やアイコンとともに一度設定してしまえば、後はカレンダーをタップしてシフトを簡単入力できる。

もし、早番→日勤→日勤→夜勤などとローテーションが決まっているなら、そのローテそのものも設定すればワンタップでスケジュールに反映させられる。

・給料計算まで!

ユニークなのが、給料の計算もできること。通常、シフトによって時給や日給は異なってくるだろう。そのシフト毎の給料を入力しておけば、カレンダーに入力したシフトを基にその月の給料を計算してくれる。

Shifts3

また、ウィジェット機能もあるので、いちいちアプリを立ち上げなくてもその日のスケジュールをロックスクリーンや通知センターに表示させることができるのも便利だ。

開発者いわく「北米ではシフト業務に携わる人は30%以上とのデータがある」とのこと。日中に毎日働くことを前提としたカレンダーアプリは山ほどあるが、日本においてもこうしたシフト業務者向けアプリの需要は けっこうあるのではないだろうか。

このアプリ、通常価格は500円だが、2日現在、キャンペーン価格200円でダウンロードできる。

Shifts

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。