ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

セレーナ・ゴメス、噂の恋人との幸せ度は“8か9よ”

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
セレーナ・ゴメス、噂の恋人との幸せ度は“8か9よ”

 ゼッドとの交際が噂されているセレーナ・ゴメスが1月31日、ラジオ番組『サタデー・ナイト・オンライン』のなかで最近の幸せぶりを認めた。

 番組司会者から仲の良いゼッドについて、彼の本名である“アントン”の名前を持ち出されて聞かれると、くすくすと笑い続けたゴメス。ただただ彼女の笑い声が聞こえていた。

 笑いながらゴメスは「もう行かなきゃ」と誤魔化したものの、最近どのぐらい幸せか聞かれると「8か9ぐらいよ」と答えた。

 ゴメスとゼッドは新作を一緒に作っているだけでなく、交際も噂されている。彼女は次のアルバムをレコーディング中であると共に、ポール・ラッドと共演している映画『The Revised Fundamentals Of Caregiving』をアトランタで撮影している。

 同インタビューの中で、アルバムには15曲収録されると話すゴメス。「ものすごく興奮してるわ。アルバム4枚を経てやっと、今までより少し自分らしさを感じられるようになったの。こういう自信もついたし、自分が言わんとしていることがより理解できるようになったわ。友人や人間関係、旅行や探検を今まで経験してきて、これが今の私よ。本当に楽しいわ」と続けた。

 なお、ゴメスは映画『スプリング・ブレイカーズ』で共演したジェームズ・フランコと再び、ジョン・スタインベックの小説を元にした『In Dubious Battle』で共演するとのこと。ハリウッド・リポーターの報道により先週はじめに明らかになった。この他の共演者は、ヴィンセント・ドノフリオ、ロバート・デュヴァル、エド・ハリス、ブライアン・クランストン、ダニー・マクブライドだという。

関連記事リンク(外部サイト)

リンゴ・スター ジョー・ウォルシュ、ピーター・フランプトンら参加の最新アルバムを3月にリリース
オゾマトリ、世界のフェスを盛り上げてきたお祭り多国籍バンドがフェス&ライブで5月来日
ワン・ダイレクションがシフトチェンジ!? ラッパーと初のコラボか

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。