ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宝くじの高額当選 東京都内のデパートの売り場から多数出る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京・銀座にある『西銀座チャンスセンター』。宝くじファンの“聖地”と呼ばれ、これまでに数多くの高額当せんを出してきた同売り場には、昨年11月21日の年末ジャンボ発売日にも長蛇の列ができていた。何十年も買い続けている宝くじファンが駆けつけただけあって、列の先頭付近には年配の客が目立った。

 2011年の総務省による『宝くじ活性化検討会』の調査では、月1回以上宝くじを購入している人の割合は、40代以上が高く、逆に20代や30代は買う機会が少ないという結果だった。

 くじ評論家・長利正弘さんはこう説明する。

「宝くじの購入層は、仕事をリタイアしてお金にも時間にも余裕がある60代が多いといわれてきました。年配の購入者が多いわけですから、当然当せん者も年配が多くなる。そして彼らは『西銀座~』のように実績ある売り場に足を運ぶ傾向にあるので、やはりそういった売り場から高額当せんが出やすかったんです」

 ところが、いざ結果を見てみると、今回はそういった人気売り場に加えて、当せん売り場に少し変化があったようだ。

 都内で出た9本の1等当せんのうち4本は、『上野丸井前宝くじ売場』、『池袋西口地下街東武ホープセンター1号店』、『新宿ルミネパート2』、『立川ルミネチャンスセンター』から出ているが、これらはすべて、デパートにある宝くじ売り場なのだ。

 風水師・伊藤夢海さんによると、デパートのように人が多く訪れる場所は金運が高まっているという。しかもこの4つの売り場は特別。

「1日に何万もの人が利用するターミナル駅に直結していますから、さらに人が持つ運気が集まるんです。加えて、デパートや地下店舗街の出入り口、改札の目の前など、“運気の入り口”のそばにあります」(伊藤さん)

※女性セブン2015年2月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
宝くじ 1万円以上の当選だと売り場では引き換えNGの場合も
福岡で鉄砲扱う店の一角の「当たる」と評判の宝くじ売り場
道の駅から宝くじ高額当選続出 茨城、沖縄、愛媛の売り場など

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。