ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

快眠のために「首を緩める」最強メソッド4つ 専門家が指南

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本には睡眠に悩みを持つ人は2000万人を超えるといわれる。また、今の時期は日照時間が短いため、気持ちを安定させる脳内物質「セロトニン」が不足し、結果として不眠に陥る人々が激増するときでもある。睡眠不足ががんやうつ病、糖尿病などの生活習慣病を悪化させることはよく知られているが、睡眠にはまだ解明されていない部分も多い。その謎に挑んだのが順天堂大学の小林弘幸教授だ。

 どうすれば快適な眠りを手に入れることができるのか? このほど『快眠したければ「首」を緩めなさい』(小学館刊)を上梓した自律神経研究の第一人者である小林教授に話を聞いた。

 * * *
 眠れない、または眠っても疲れがとれないなど睡眠の質が悪い方々には特徴があります。それは首がガチガチに凝り固まっていることです。この首の凝りこそが不眠の最大の原因です。首は脳と体をつなぐ橋です。頭の重さは4~6㎏あります。体重の1割近くもある重さを首の骨と筋肉で支えているわけです。

 本来、適度な緩みのある正常な首の状態では頸椎は30~40度カーブしていて、それがバネのような役割を果たし、日々の行動の中でたとえ多少の頭の位置のズレがあっても、その負荷を上手く吸収し、首の筋肉のこわばりを防いでくれます。

 ところが、最近はパソコンやスマートフォンの普及によって、猫背で、あるいはうつむいた姿勢で作業する人が増えています。そういう姿勢をとり続けることによって頭の位置はつねに脊柱から前にズレた状態となり、首の筋肉がこわばり、いわゆるストレートネックが引き起こされてしまいます。これによって首の血行は悪くなり、気がつけば慢性疲労感、不眠といった状態に陥ってしまうというわけです。

 また正しい姿勢を心がけていてもパソコンやスマホの長時間使用は、それだけで首まわりの筋肉を疲労させてしまいます。それはブルーライトのためです。ブルーライトは、波長の短い光で、紫外線に近く、強いエネルギーを持っています。このブルーライトが目を強く刺激し、快眠に必要な副交感神経の働きを下げ、交感神経の働きを活発化させてしまうというわけです。また、ストレスや不規則な生活も副交感神経の働きを下げてしまいます。まさに現代人にとっては避けて通れないことなのです。

 だからこそ、「首を緩める」ことが大切なのです。

 首には迷走(めいそう)神経(しんけい)があります。迷走神経は、大部分が副交感神経の繊維でできていて脳から腸にまで届いている唯一の神経で、すべての内蔵機能を左右する重要な役割を担っています。また、首には星状(せいじょう)神経(しんけい)節(せつ)という交感神経の集まる場所もあります。

 いかに首の凝りをほぐし、血流を良くするかということが副交感神経のみならず、私たちの内臓器官および心身のパフォーマンスのレベルを上げ、不眠を改善する鍵だといえるわけです。

 どうすればストレスフルで多忙な日常生活の中において、直接的かつ効果的に首を緩めることができるのでしょうか?

 ポイントは4つあります。【1】首を暖める、【2】東洋医学を取り入れたツボを押す、【3】ストレッチ、エクササイズを行う、【4】正しい姿勢を意識する。

 極めて単純なようですが、これが首を緩める最強メソッドです。これらを行うことによって大きなストレスや不安、ネガティブな感情に襲われたとしても、そのダメージを最小限にし、必ず乱れた自律神経をリカバリーすることができます。その結果、質の高い睡眠を手に入れることができるのです。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
健康な生活をするには21時に就寝し6時起きで湯たんぽを使う
寝る1時間前からスマートフォンの操作しないよう医師が提言
更年期障害対策には利き手と逆の手で携帯電話のメールを打つ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP