ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

100種類が飲み放題&食事持ち込み自由!新感覚日本酒店がオープンへ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

酒造メーカーの積極的な展開や日本食ブームの影響で、日本酒が海外でブームとなっている。

一方、国内では消費量全体では減少傾向が見られるものの、最近では女性向けの日本酒イベントが開催されるなど、新たなファン層を開拓しているという。

そんななか、日本酒に興味がある人必見のスポットが、3月中旬に東京・池袋にオープン。

「KURAND SAKE MARKET(クランドサケマーケット)」は、全国各地の日本酒が常時約100種類自由に楽しめるセルフ立ち飲み店。

数多くの日本酒・蔵元・飲み方との出会いが体験できるので、日本酒にこれから少しずつ挑戦していきたいという人も、自分の知らない美味しいお酒を発掘したいという人も、楽しめそうだ。

料金は3000円で、時間は無制限。

おちょこ、枡、ワイングラスなど好きな器を選んで、自由にお酒を飲み比べることができる。酒器は好きなタイミングでいつでも交換可能だ。

食事は好きなものが持ち込めるシステム。日本酒は和食だけでなく、イタリアンや中華などさまざまな料理と相性が良いので、デパ地下などで好きな肴を準備するのも良さそう。

お店を運営するのは、日本酒の定期購入・イベント運営サービスを行っているKURAND。

「世の中には、まだまだ美味しい日本酒がたくさんある。 そして、日本酒の楽しみ方は無限大にある。」との思いが今回のオープンにつながったという。

現在、クラウドファンディングサイトのMakuakeでは、KURAND SAKE MARKETの支援を募集中。

オープニングパーティの招待券などのほか、割引券といったお得なコースが準備されているので、気になる方は要チェック。

ぜひ一度足を運んでみたい、オープンが待ち遠しい一軒だ。

KURAND SAKE MARKET
場所:池袋駅西口より徒歩3分(東京都豊島区西池袋)
オープン予定:3月中旬
席数(スタンディング):約40名
料金:3000円(税別)
営業時間:17:00〜23:00(予定)

Makuake
https://www.makuake.com/project/kurandsakemarket/

クラウドファンディング(まとめ)
酒(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP