ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

伊勢丹新宿のカフェ「ル サロン ジャック・ボリー」がバレンタインスペシャルメニューを期間限定で販売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

資生堂パーラーが運営するカフェ・キュイジーヌ「ル サロン ジャック・ボリー」(伊勢丹新宿店本館4階)は、世界にひとつだけのオンリーワン・サロンをコンセプトに、M.O.F(フランス国家最優秀料理人賞)の称号をもつジャック・ボリーが初めてプロデュースしたカフェだ。本場フランスの味わいを楽しめると好評を博している。

そのル サロン ジャック・ボリーが、2月6日(金)~15日(日)の10日間、バレンタインスペシャルスイーツメニュー「Chocolat chaud Vanille Compote de Fraises」(コロンビア産の香り豊かなカカオを使ったホットチョコレートとフレッシュ苺のコンポート 2140円/税・サービス料込)を販売する。

ホットチョコレートは、2種類のコロンビア産チョコレートに生クリームやハチミツなどを加え、ほんのりバニラをきかせた、ル サロン ジャック・ボリーオリジナルのリッチテイスト。苺のコンポートとの絶妙なマリアージュがバレンタインを甘く包んでくれる。

フランスでは「La fête des amoureux(恋人たちのお祭り)」として馴染まれているバレンタイン。愛する人に真っ赤なバラを贈り、一緒にディナーを楽しむのがフランス流。今回、「ル サロン ジャック・ボリー」では、バラとワインの代わりに、日本の慣習に習ってチョコレートのスイーツをお届けするというわけだ。

日本におけるフランス料理の第一人者と評されるシェフ ジャック・ボリーの卓越した技と感性が光るスイーツを、大切な人と心ゆくまでご堪能あれ。

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP