ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自分ピッタリのシートは? ニュージーランド航空「シート争奪大作戦」航空券のプレゼントも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

P1
飛行機の国際線に乗る時、自分の座るシートを選ぶのはかなり重要な旅のポイント。特に、長距離の場合、10時間以上も機内でずっと過ごすわけで、エコノミークラスの場合、どの座席を選ぶかで、とても快適なフライトになるか、ひたすら窮屈な思いをするか――の明暗が分かれるといっても過言ではない。
ニュージーランドと世界各国を結ぶ人気エアライン、ニュージーランド航空がこのほど、同社のスマートフォンサイトで「シート争奪大作戦-最適な旅を楽しむ12のスタイル-」キャンペーンを開始した。ニュージーランド航空が運航する最新鋭のボーイング787-9ドリームライナーで、自分ピッタリのシートを提案してくれる。
まず、「キリッとビジネスで行く!」「ケンカしちゃった恋人と!」「私たち、仲良し母娘です!」など、12のフライトスタイルから自分にピッタリだなと思うものを選ぶ。すると、その旅に最適なシートクラス、機能やサービス内容が紹介される仕組みだ。
しかもうれしいのが、自分が提案されたクラスで行くニュージーランド往復航空券が抽選で5組10名にプレゼントされる。
このニュージーランド航空の787-9は、2014年12月からオークランド-成田間で運航を開始。ビジネス・プレミア、プレミアム・エコノミー、エコノミーの3つの客室クラスに加え、ニュージーランド航空独自のエコノミー「スカイカウチ」が、世界のエアラインに先駆けて搭載されている。このスカイカウチは、横1列3シートが平らなソファスタイルになるシートでゴロンと横に寝転がることができ、カップルや親子連れに好評という。記者も一度体験したが、やや狭いエコノミークラスのシートで寝転がれると長距離のフライトで疲れがおおいに軽減されると感じた。
P2
自分はビジネスクラス向き?それともスカイカウチがピッタリ?・・・ぜひニュージーランド航空スマートフォンサイトで自分ピッタリのシートを一度チェックしてみて欲しい。
キャンペーンは、2015年2月28日まで。

ニュージーランド航空 シート争奪大作戦(日本語対応)http://www.789-airnewzealand.jp/
ニュージーランド航空http://www.airnewzealand.jp/
(Written by Aki Shikama)
 【Nicheee!編集部のイチオシ】
レベルが高い! ドイツの航空会社
エコノミー以上ビジネス未満「プレミアムエコノミー」って?
LCCで海外「弾丸」旅ができる

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。