ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

老女惨殺名古屋女子大生と佐世保同級生殺害少女に共通の過去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 旧帝大の名門に通う女子大生が「惨殺鬼」に変身する戦慄の事件が起きた。
 
 宗教の勧誘で知り合った森外茂子(もり・ともこ)さん(77)を斧で殴るなどして殺害した容疑で逮捕された名古屋大1年生のA子(19)は「子供の頃から人を殺してみたかった」と供述。〈「殺したい」人はいないけど「殺してみたい」人は沢山いる〉などの過去のツイートも発覚し、世間を震撼させた。
 
「殺人願望」で思い出すのは、昨年7月の佐世保同級生殺害事件で逮捕された少女(16)だ。2人の少女には驚くほど共通点が多い。
 
 東北地方の有名進学高に通っていたA子は成績は常にトップクラス。ピアノの腕前はかなりのものだった。
 
「すごく上手で、美しい音色がよく家の外まで聞こえてきていました。音大にでも進学したのかと思っていました」(実家の近所の住人)
 
 成績優秀で名大理学部に現役合格した後は音楽の趣味から打って変わってリーダー部(応援団)に所属し、学ラン姿で演舞を披露していた。ショートカットで、〈今日だけで4回も性別間違われた〉とツイートするボーイッシュな外見。かつては自分のことを「俺様」と呼んでいたと明かしている。佐世保の少女もショートカットで、自身を「僕」と呼んでいた。
 
 過去の殺人事件に関心が強い点も共通している。
 
「宮崎勤や酒鬼薔薇聖斗など殺人犯の誕生日を祝おうなんてツイッターで書いていたので、『こいつ大丈夫か』と仲間うちで話題になっていた」(名大の同級生)
 
 佐世保の少女も中学3年時に過去の凶悪少年犯罪を研究していた。
 
 さらに、A子は高校時代に同級生に毒を飲ませた過去を供述した。名大の同級生にも薬品知識を熱心に語っていたという。佐世保の少女は小6時に薬物混入のトラブルを起こしている。A子の出身高校の校長は、「(A子が2年時に)同じクラスの男子生徒が体調を悪くし、杖なしでは歩けないほど視力が低下。当時、学校にある薬品類を警察に提出した」と明かした。
 
「A子には、一種の超越者としての犯罪者への強い憧れがあります。一方、佐世保の少女も薬物混入事件の時に『何が善で何が悪なのかは自分で決める』と発言していた。共通するのは、世間一般の道徳にはとらわれない一種の歪んだエリート意識です。殺人願望はそうした意識の中で熟成されたのではないでしょうか」(臨床心理士・矢幡洋氏)
 
 森さんとのトラブルや家計の苦境、家族不和など動機をめぐる情報が錯綜しており、捜査の進展はこれからだ。

※週刊ポスト2015年2月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
佐世保小6同級生殺害事件を振り返り家族他関係者取材した本
佐世保同級生殺害少女 「猫より人間殺すのが楽しい」のメモ
佐世保同級生殺害 容疑者自宅と中学間で3年に2件の猫殺し

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP