ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セルジオ越後氏 日本サッカーに対し辛口批評する理由を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 サッカーアジア杯の準々決勝で敗れた日本代表に対し、Twitterで「不動のメンバーしか起用しないAKBサッカーはもう終わりだよ」とコメントしたサッカー解説者のセルジオ越後さん。こんな辛口批評とは裏腹に、実は穏やかな人柄で知られる。セルジオさんが、日本のサッカーに、あえて苦言を呈するのはどうしてなのか――

 * * *
 ぼくの解説が“辛口”と呼ばれるなんて、いかに完全なプロスポーツが日本にないかということだよね。プロ選手に対して厳しいのは当たり前。でも日本は企業だけに頼っているから、完全なプロじゃない。アマチュアなんです。イタリアとかブラジルとか、プロスポーツがある国にはぼく以上に辛口のコメンテーターがいますよ。これはやっぱり国のスポーツ文化の大きな違い。

 厳しく言うのはもちろん、もっと日本サッカーによくなってほしいから、ぼくのためにも(笑い)。サッカー人気とメディア露出が落ちていけば、スポンサーも撤退する。そうするとぼくらの仕事も少なくなる。これで飯食ってるんだから、もしも単なる批判だったら、結局ぼくが大損するじゃない(笑い)?

 それから、日本人同士だとキツいことを言えないんです。 どのスポーツでも仲間意識が強くて、コメンテーターが本職じゃないのね。現場に戻りたい人が一時的にメディアで雨宿りしてるだけ。ジャーナリストやコメンテーターとして飯を食おうって人はほとんどいない。

 最終目標が現場だから、後のことを考えると言いたいことも言えないんですよ。就職活動ってゴマをするでしょ。厳しいこと言って仕事がくるはずないもの。

 みんなが監督を目指していて、何百人も順番を待っている。なんて効率の悪いことやっているんだろうと思うけど(笑い)。

 それぞれの国の文化があると思うけど、ぼくは勝っている国の文化をマネしないとダメだと思うのね。日本はすごく独特だけど、もしそれが正しかったらとっくに世界中がマネしているの。学ぶところは学ばないと、いつまでたっても勝てないよ。

 解説をするときに資料が出るんだけど、ぼくは実況者には資料が必要だけど、解説者には要らないと思っている。何が起きるかわからないから、起きたものを自分なりに伝えるっていうのが仕事。

 解説者は放送席の監督なの。ベンチに座って、ほめるだけ、騒ぐだけでは勝てないよ。サポーターだったら問題ないけどね。

 もちろん、キャラクターとしたらおもしろいよね。でも楽しいのと厳しいのは、やっぱり分けなくちゃいけない。もし、そのままベンチに座ってチームを指揮していたら、采配はふるえないからね。

※女性セブン2015年2月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
元日本代表福西崇史が実体験踏まえ試合の観戦ポイント語る本
【日韓比較・スポーツ編】メダル数、歴代メジャーリーガー数他
大韓サッカー協会HP「サッカーの起源は朝鮮半島」で抗議殺到

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。