ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

福本豊 「盗塁1」に抑えられた屈辱の日本シリーズを語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 読売巨人軍が9年連続日本一となった時代、巨人が日本シリーズで最も多く対戦したのが阪急だった。その時に巨人が要注意人物と警戒したのは世界の盗塁王・福本豊氏だった。対策を練ったおかげで巨人は1971年、1972年の両シリーズで盗塁をそれぞれ1個ずつに抑え込んだ。「走れなかった原因は巨人のエース・堀内恒夫の存在が大きかった」と福本氏が屈辱の日本シリーズを振り返った。

 * * *
 ホリ(堀内)はいろんなリズムで投球するんです。小さなクイックモーションで、どんなコースにも速い球を投げられる。そんな投手はパにはいなかったからね。牽制、クイックと走るタイミングがめないままスタートを切らされていました。

 投手はセットポジションで長くボールを持ってくれるほど、固くなってクセも出やすいんです。クセがわかれば自分のリズムで走ることができる。ところがホリは、初球は0.5秒で投げて、2球目は1秒で投げる。3球目は3秒もためたかと思うと、4球目はまた0.5秒で投げてくる。僕はホリのリズムに合わせなくちゃならなくなる。クセを掴もうとビデオで繰り返し見ても、どうしても探り出せなかった。

 通常、牽制する際には肩が微妙に開くんです。そして打者に投げる時は、開いた肩を戻してから投げるんですが、ホリは肩を開いたままホーム方向へ投げることができる特異な投手だった。同リーグで戦っていたら、そのうちクセも掴めたと思いますが、巨人とは対戦が少ない。結局、現役が終わるまでわかりませんでした。

 盗塁はチャンスを作るためにやるものだから、それがアウトになったらアカンのです。自分で好機を潰してしまう。

 当時はとにかく塁に出たら走れといわれていた。しかし1971年は第1戦で見事に刺されて、次からは躊躇してスタートが切れなくなった。シーズン中なら、成功の確率が8割あれば走っていましたが、あの時は第1戦以降走るのをやめてしまった。短期決戦の日本シリーズですから……。

※週刊ポスト2015年2月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ユニフォーム売上日本人1位の上原浩治 7歳息子人気も爆発中
「江夏の21球」や「巨人はロッテより弱い」発言の真相描く書
金田正一氏 プロ入り1年目から巨人なら「600勝は行ったな」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP