ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

飛行機の座席シートをリサイクルした、エコフレンドリーなバッグがカワイイ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

レトロな色使いがかわいらしいこのバッグ、実はもともと飛行機座席の革シートをリサイクルしたもの。

アメリカの航空会社、SOUTHWEST AIRLINES(サウスウエスト・エアライン)の座席シートで、リサイクルされる革は8万座席でおよそ43エーカー(約17万4000平方m)分!

同じくアメリカでこうしたリサイクル商品をデザインする会社、Rooptworksと提携して制作・販売される。

今回のバッグ制作では、改めて革をなめしたりする必要がないため、節水やCO2削減などにも貢献できるとか。

価格は、トートバッグが150ドル(約1万7700円)、ダッフルバッグが225ドル(約2万6500円)、バックパックが250ドル(約2万9500円)。

SOUTHWEST AIRLINESではもともと、ケニヤやナミビアでの雇用増加、職業訓練のため、サッカーボールやサンダル、アクセサリーなどを作る「PROJECT LUV SEAT(プロジェクト・ラブ・シート)」というプロジェクトを展開。

もちろん、こちらも座席の革シートを使っている。

この志に共感した人は、バッグ購入を検討してみてはどうだろうか?

Rooptworks
http://looptworks.com/
SOUTHWEST AIRLINES
https://www.southwest.com/

リサイクル(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP