ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“さいはて”で支え合う2人の女性を描く、心地よいヒューマンドラマ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

台湾出身の映画監督・姜秀瓊が、永作博美、佐々木希をキャストに迎えた映画『さいはてにて ~やさしい香りと待ちながら~』。

故郷である奥能登のさいはての海辺に帰り、焙煎珈琲店『ヨダカ珈琲』を開いた主人公の岬。店を訪れるさまざまな客たちとの交流も生まれる中、ある日、とある事件が起きる。店の向かいに住むシングルマザーの絵里子が岬の危機を救ったことで2人は友情を深め、いつしか2人の子どもとともに4人で暮らすことに。そんな中、やがて、絵里子は岬が最果ての地にやって来た本当の理由と衝撃の事実を知ることに――。

メガホンを取った姜監督は、アジアの名匠・エドワード・ヤンの後継者とも目される人物。石川県珠洲市のオールロケで捉えられた美しい映像とともに、国籍を超えたあたたかい感動の物語を描き出す。公開は、2月28日より。

さいはてにて ~やさしい香りと待ちながら~
監督:姜秀瓊(チアン・ショウチョン)
脚本:柿木奈子
出演:永作博美、佐々木希 ほか
(2015年/日本)
2月28日(土)より公開
(c)2015「さいはてにて」製作委員会
http://www.saihatenite.com/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP