ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

友近 舞台で得られる満足感とテレビでの満足感の違いを語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“ムロケン”こと喫茶店のスピリチュアルマスター・室井健助さんの霊視能力が評判に評判を呼んでいる。芸達者の売れっ子女性芸人、友近(41才)も診てもらった。多くの先輩に好かれ、数々の冠を手に入れ、恋の噂もある“勝ち組”の彼女。果たして霊視の結果はいかに?

室井:友近さんはテレビと印象が違うね。めちゃくちゃ真面目でまっすぐ。心根が優しいかたです。結構な寂しがり屋だね(笑い)。がさつだとか、気が強そうって、言われるでしょう。

友近:そうなんですよ!(店の隅にいたマネジャーに)マネジャー、ちゃんと聞いておきや(笑い)。

室井:突然出てきてすぐ売れたように思えるけど、結構苦労してきたね。最近珍しく、本当に“芸”を持っている芸能人。いろんなキャラがあって、みんなが起用したがる。売れる理由がわかりますよ。

 だから大変お忙しいと思うんですが、ぼくもずっと休みなくて忙しくて(笑い)。だからこそたまに考えてしまうんです。もっとゆったり、予約は1日5~10人くらいにすべきなのかなって。でもそうすると予約のかたが増える一方なので、結局気合で乗り切るんですけど…。そういう忙しさゆえの迷いは感じたりしているでしょう。

友近:実はデビュー当時から、慎重に(マスコミへの)出方を考えていました。新人の時に、何でも言われたまま、はいはいってしてしまったらダメだって思って。テレビも舞台も、バランスを常に考えながら仕事をしています。

室井:なるほど、さすがだね。

友近:でも満足感はあんまり…。舞台での満足感はあるんですけど、テレビでの満足感は全くなくて。舞台は、ネタも演出も自分でできるんですけど、テレビは演出家さんがいてスタッフさんがいて、自分の思い通りにはならないし、スタッフさんが思う面白いことと自分が面白いことが合わないとストレスがたまるんですよ。でも仕方がないんですよね。

室井:おっしゃってること、すごくよくわかります。芸能界はテレビで顔を売ることが基本ですから、テレビのお仕事も舞台のお仕事も両方うまくやられたほうがいい。あなたは、必ずうまくいくから。

友近:ほんまですか。うれしいですね。ただ、ちょっとどうしたらいいのかなっていうのがあって…。仕事で言わなきゃいけない場面、損することもあるんです。果たして言い続けていいのかって。

 私、ほんとにいつも口角をあげて穏やかに生活しようと思ってるのに、なぜか毎日トラブルがあるんですよ、マネジャーとかスタッフさんと(苦笑)。私は「ン?」って思ったら言わないと気が済まないタイプ。でもそれを言うと怖いとか、文句言ってるとか言われる。かといって、それを抑えるとストレスになってしんどいし、そのままスルーすると自分に降りかかってくることだし。言う方も疲れるんですけどね。

室井:それは伝えた方がいいですよ。あなたのキャラでもあるし、我慢すると具合悪くなりますから。ただ、失礼のないように、誰に対しても敬語で接するといいですよ。新人さんにも初対面のかたにも、控えめに、丁寧に。そうすればトラブルは起きづらくなるはずです。

 でもね、何が起きてもどうにかなる人だから。大きな病気も事故もないのは守護霊がついているから。5人のご先祖様がついています。信仰深いんですね。

友近:はい、小さいころからお墓はよく行ってますね。

室井:だから心が穏やかなんです。お墓参りに行けない時には右肩に向かって、「いつも忘れていませんよ」って心で願うといいですよ。

※女性セブン2015年2月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「TV局を減らせ」と説く元業界人がTV界の現状を描いた書
TVの言葉が「語り」から「喋り」に移った理由を解説した本
力道山空手チョップ 2台の街頭テレビに12000人集まる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP