ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドラマ好調の杏 朝ドラ主演以降も話題途切れず視聴率女王に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「今、視聴率の獲れる女優は杏と綾瀬はるかですね。米倉涼子は『ドクターX』(テレビ朝日系)なら鉄板ですが、ほかのドラマでは好不調の波がある。それに比べて、2人はどんな役を演じても、数字を獲ってくれます」(民放ドラマ関係者)

 1月開始の連続ドラマ初回視聴率は、杏主演の『デート~恋とはどんなものかしら~』(フジテレビ系、月曜21時~)が14.8%でトップに立った。フジテレビ関係者は「杏様々です」と嬉しそうに話す。

「杏の場合、ドラマの宣伝目的で出演する番組の視聴率も軒並み高い。たとえば、1月5日『SMAP×SMAP』13.7%、7日『ホンマでっか!?TV』12.9%、8日『VS嵐』13.3%、19日『ネプリーグ』14.5%と、いずれも普段よりも数字が良かった。

 11日と12日には、杏が出演したスペシャルドラマ『オリエント急行殺人事件』を2夜連続で放送。第1夜16.1%、第2夜15.9%とやはり結果を残しました。最近、スペシャルドラマでこれだけの視聴率を出すのは、なかなか難しいんですよ。

 特に、第1夜は、『行列のできる法律相談所』『おしゃれイズム』『有吉反省会』と日本テレビがいつも2ケタを獲る強力な裏番組が控えていた。その牙城を『オリエント~』が崩し、『行列~』は13.5%、『おしゃれ~』『有吉~』は1ケタと、いつもと比べ、かなり低い数字に終わった。

 杏の活躍のおかげで、フジテレビは、1月5日から11日の週間視聴率で、プライム帯で首位、ゴールデン帯と全日帯で2位になれた。年末年始の週では、ゴールデン帯とプライム帯で、開局初の最下位に落ち込んだ直後だっただけに、この週の首位と2位は本当に大きかったです」

 NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』の主演以降、杏は完全にトップ女優の地位を確立した。芸能関係者が話す。

「『ごちそうさん』終了後、間を置かずに『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)に主演したことが大きかった。移り変わりの激しい芸能界では、売れるときに売っておかないと、すぐ忘れ去られてしまいますからね。事務所が見事に畳み掛けました。

 女優は、お笑い芸人などと違い、ドラマに主演しても週に1本だけ。番宣で出る時期も限られているから、『見飽きた』という声はそうそう出てこない。良い流れのときに継続して、出演することが大事。杏の場合は、その後『24時間テレビ』のメインパーソナリティにもなったし、東出昌大との熱愛・結婚など話題には事欠かなかった。

 つまり、『ごちそうさん』以降、話題がまったく途切れていないんです。芸能人にとって、これは重要なこと。プライベートも味方につけ、トップ女優になったといえるでしょう」


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
杏 今も視聴率好調で「時代到来、日テレの命運かかってる」
『あまちゃん』後番組の杏 重圧で倒れることをスタッフ心配
ドラマ視聴率 月9も水10も日9も「10%超えがやっと」の現実

カテゴリー : エンタメ タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP