ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タモリ倶楽部で話題の飛び猫「躍動感が魅力」と動物写真家

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 猫がジャンプする瞬間を捉えた「飛び猫」写真が、ネットを中心に「かわいい」「面白い」と話題だ。『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)、『スッキリ!!』(日本テレビ系)などテレビ番組で紹介されたこともあり、人気が広がっている。

 撮影したのは、これまで猫をはじめとした動物の写真を10万枚以上撮ってきた動物写真家の五十嵐健太さん。撮り始めたきっかけについてこう語る。

「4年前くらいに千葉県で写真を撮っているときに、船の上で寝る猫を見つけたんです。日が暮れると、猫が陸地へ戻るために船と船の間をジャンプすると思い、その瞬間を撮影するために待ちました。しばらく撮ることができず、結局、船の上の猫を見つけてから1週間後くらいにやっと撮ることができたんです」

 それ以来、「飛び猫」写真に夢中になっていった。その魅力については「日常よりも、ジャンプしているときのほうが、猫が生き生きして躍動感がある点です」と五十嵐さん。確かに、両手、両脚を広げて思いっきりジャンプする姿は迫力満点だ。

 撮影では、連写機能は使わない。連写に頼ると、ベストな瞬間がコマとコマの間に入ってしまうからだ。猫が飛んだ瞬間をとらえるため、シャッターを押してから撮影されるまでのタイムラグを計算してシャッターを切る。

「綺麗に撮るための細かいポイントはたくさんありますが、撮影前にカメラの設定などをあれこれと考えてしまうと、シャッターチャンスを逃してしまいます。難しく考えずに、たくさん写真を撮ることが飛び猫写真撮影のいちばんのコツです」(五十嵐さん)

 2月20日には、五十嵐さんが撮影した写真集『飛び猫』(KADOKAWA)が発売予定。ますます人気が広がりそうだ。

撮影■五十嵐健太 


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
フジテレビ本田朋子アナ イケメンバスケ選手と結婚との報道
伊坂幸太郎文庫新刊はひきこもり息子を“悪魔祓い”する話
ミス理系グランプリ獲得 上智大学理工学部美女を撮り下ろし

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP