ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サッカーキング編集長推薦の名サッカー解説者 福西や戸田

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 スポーツ中継には欠かせない解説者。その道のプロが任せて安心だと考える解説者はいったい誰なのか、気になるところ。

 サッカージャーナリスト。自身もイタリアやブラジルのリーグで解説をしている『サッカーキング』統括編集長・岩本義弘さんが推薦する名解説者を聞いた。

■福西崇史さん(38才)
 長年、日本代表チームの中盤を支えた確かなサッカー観、戦術眼を持ち、状況ごとの選手の心境分析などにも定評あり。「ボランチとは中間管理職のことです」というコメントは、守備的ミッドフィルダーの役割(遠藤保仁のポジション)をわかりやすく解説したもの。

■戸田和幸さん(37才)
 元日本代表。2014年に解説者デビューして大ブレイク。現役時代の激しいプレースタイルからは一転して、論理的かつクレバーな解説で視聴者の心をつかむ。ブラジルW杯のギリシャ戦で、「ひとり退場してから形を変えたので、点を取るのが難しくなる」とハーフタイムに後半の苦戦を予想。

■セルジオ越後さん(69才)
 サッカー評論家。勝ち試合でも苦言を呈することが多いため「辛口」と評されるが、言いづらいことをズバッと斬り込む姿は痛快のひと言。ユーモアもたっぷりだ。

※女性セブン2015年2月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
元日本代表福西崇史が実体験踏まえ試合の観戦ポイント語る本
5大会連続W杯出場・サッカー日本代表の強さに秘密に迫った書
W杯を現地観戦した2人の論客が日本代表の敗因を分析した本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。