ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パニック障害を振り返る円広志 紳助や上沼の発破で踏ん張る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大ヒット曲というか社会現象にまでなった『夢想花』で大ブレークした円広志(61才)は、その後、森昌子の『越冬つばめ』を作曲。これも大ヒットとなった。今では関西のテレビで見ない日はないほどの人気者として活躍している。街を歩けばオバちゃんが気さくに声をかけ、ハイタッチ。気取らない、自然体の“超有名人”の大阪の“おっちゃん”だが、意外にも人づきあいは苦手だという。

「友達がおらへんというかね(笑い)。趣味はパチンコ。大好きで年に200回は通っています。毎日仕事をして、パチンコして、行きつけの店で晩ごはんを食べて。夜も10時には寝る。あ、でも最近は娘の婿殿と仲よくてね。毎晩ぼくの部屋へ来ては飲んでます。子供は2人いて、孫は2人。(事務所社長からツッコまれて)あ、3人やった。えらいこっちゃ(笑い)。孫の前ではじいじ。遊ぶと、ぼくの方がお父さんよりウケるね。体力的に20分が限界やけど(笑い)」

 と、目尻を下げる。穏やかな現在からは想像しがたいが、50才の頃はパニック障害に苦しんだ。

 テレビやラジオのレギュラーを6本ほど抱えて飛ぶような忙しさのなか、ある日心身共に限界を超えて、パチンと破裂したという。

「得体の知れない恐怖と不安感に襲われて、洗いものをしている嫁の後ろにつかまって震えているような日々。毎日泣いて、仕事は4か月休みました。いつ治るかわからず、いっそ引退しようとも考えた。だけど、(島田)紳助さんや上沼(恵美子)さんらが“席を空けておくからね”って。それが早く復帰せないかんというプレッシャーになって、ちょっと無理して踏ん張れた。待ってくれる仲間がいて、歌があった。それがぼくをパニック障害から救った、いちばんの要因かもしれません」

 現在も関西で4本のレギュラーを持つ売れっ子で、出演番組が毎日放送される。音楽スタジオを経営し、歌手活動にも励んでいる。

「音楽の仕事は一生やっていきたい。バラエティーでずっとしゃべっていると喉の調子も悪くなるけれど、ライブ前だから控えようというのはない。全部まとめて、ひとつ。それが、円広志やからね」

 芸能生活36年。「ようやく、自分の生き方がなんとなくできるようになりました」と、かみしめた。

※女性セブン2015年2月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
パチンコに通うのは男のロマン「日常生活にはない夢がある」
韓国人 福岡へわざわざパチンコうちに来て看板にハングル表記
パチスロ版モンスターハンターが近々登場 ゲーマーも期待?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP