体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おすすめコーヒーショップは全部?オーストラリアのコーヒー文化

こんにちは。TRiPORTライターの石渡航平です。

コーヒーは日本でも多くの人が愛している飲み物の一つです。近頃は、コンビニでも安くておいしいコーヒーが飲め、さらに第三のコーヒーと言われているサードウェーブコーヒーが続々と日本にも上陸してきています。それと同時に、昔ながらの喫茶店の良さも見直されてきています。コーヒーの文化としては良い方向に進んでおり、日本でもますます発展していくと思いますが、日本よりもさらに進んでいる国が世界中にあります。

オーストラリアのコーヒー

Daisuke Ogura「メルボルンには本当に世界一カフェがあるのか?メルボルンに確認しに行ったついでに、ケアンズも周る旅
意外に知られていませんが、オーストラリアはコーヒー大国と言われています。恐らく理由としては、移民の国だからというものが挙げられるでしょう。オーストラリアは多民族国家であり、いろいろな国の料理を食べることができ、日本ではあまり見ないギリシャ料理などのお店もよく街中で見かけます。そのようなこともあり、様々な国の「本場の物」も多いのです。

そのなかの一つである注目すべきコーヒー文化。オーストラリアのコーヒーのベースはイタリア系だと言われています。ちなみに日本はアメリカンが主流です。
メニューも本国イタリアや日本とも少し違います。普通のコーヒーならロングブラック、エスプレッソが飲みたかったらショートブラック、ほかにもカプチーノやエスプレッソなどのメニューは変わりませんが、オーストラリアには独特の呼び名の「フラットホワイト」という、コーヒーに暖かいミルクを入れただけのものもあります。

とにかくおいしい店が多い

オーストラリアのお店では、イタリアベースのエスプレッソを使った濃くてまろやかなコーヒーが主流なので、アメリカンベースを飲み慣れた人ならば、どこで飲んでもおいしいコーヒーに巡り合えると思います。

そのため、日本ではおいしいカフェにわざわざ行くという感覚でお店を選ぶこともありますが、オーストラリアでは家の近くにあるカフェで飲むようなスタイルが多いようです。その中でも僕が電車に乗ってよく行っていたカフェはシドニーのNewtown(ニュータウン)にあるCampos(カンポス)というお店です。

IMG_2843

著者撮影

近頃、日本でも少なからず見かけるようになったアフォガートという飲み物がオーストラリアにもあります。これはバニラアイスにエスプレッソをかけただけの飲み物のようなスイーツなのですが、決め手はエスプレッソのおいしさにあります。
甘いアイスにイタリアベース濃いエスプレッソがかかることにより、凄く深い味になります。口に入れた瞬間に、ボワっと口の中に広がる優しい苦味とバニラの甘さが絶妙なコンビネーションを奏でます。

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会