ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ノーゲームデー」を生かし「家族団らん」回帰へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ノーゲームデー」を生かし「家族団らん」回帰へ

子どもの「ネット利用も含めた望ましい生活習慣」定着を目指す

北海道教育委員会で進められている、毎月第1・第3日曜「ノーゲームデー」が話題になっています。これは、子どもたちに「ネット利用も含めた望ましい生活習慣」を定着させる「どさんこアウトメディアプロジェクト」の一環です。

そもそも、ゲームは子どもたちにどのような影響を与えるのでしょうか?文部科学省の「テレビゲームが子どもに与える影響」という考察では、「悪影響」については実証研究が不十分で、いまだ断定できないとされています。

「良い影響」もあるが、中毒性があり大人の監視が必要な側面も

「良い影響」としては「友だちと一緒に遊んだ場合のチームワークを促す」「ゲームをクリアした時に自分に自信を持つことができる」「読書、算数、問題解決のスキルを養うことができる」などが挙げられています。

当然のことながら、選ぶソフトによって影響が異なってきますが、確かに「裏ワザ」を教え合ったりして、大勢で頭を突き合わせて協力している姿を見ると、少なくとも発想力や発言力、考察力という面でゲームにはメリットがありそうです。

ただし、「過ぎたるは猶及ばざるが如し」という言葉がありますが、ゲームには中毒性があり、時間管理能力が求められます。家庭のルールを守れない子や時間管理ができない子には、大人の監視が必要です。

また、「子どもには、現実とゲームの世界の区別がつきにくいこと」「ゲーム機から発せられる光刺激が脳を疲れさせること」などにも十分に注意しなければならないでしょう。そのほか、視力低下について、遺伝的要素はあるものの「ゲームの長時間使用」には警鐘が鳴らされています。

ゲームで失われた「家族団らんの時間」を見直す機会に

ゲームのメリットを認めつつ、「ノーゲームデー」などの企画をうまく活用してゲームで失われた時間、特に「家族団らんの時間」を見直すと良いと思います。

人は家庭の中に生まれ、家庭の中で健全に成長していきます。家庭の在り方は、子どもの成長にとって最も重要です。家庭の大きな役割の一つに、家族団らんの食事を通した人間づくりがあります。家族は同じ食卓を囲み、互いの顔を見ながら会話をする中で喜びを共有し、生活態度など、人間として生きていく上で大切な能力を身につけていきます。

今日では、核家族化や生活スタイルの変化により、家庭の役割についての認識が薄れ、「孤食」の子どもが増えています。「ノーゲームデー」により、家族団らんで食事をする姿を取り戻すことは、子どもの健康面、精神面でも良い効果が出てくることが期待されます。結果として、体験活動、読書活動などの基盤づくりにつながるなど、家庭の教育力を底上げする一助になるのではないでしょうか。

(田中 正徳/次世代教育プランナー)

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。