ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

形の違いで味が変わる?nendoが手掛けたスタイリッシュなチョコ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

バレンタインが近付き、さまざまなショコラショップがこだわりの新商品を展開するなか、デザインスタジオ「nendo」を運営するチーフデザイナーの佐藤 オオキ氏が、一風変わった9種類のチョコを発表した。

普通のチョコは、カカオの原産地や種類、中に入っているフレーバーなどで味の違いを表現するが、この9種類はそれらの要素を変えることなく、「形」の違いだけで味の違いを表現している。

26×26×26mm内に収まる大きさに統一しつつ、先端が尖っていたり、内部が空洞だったり、表面が滑らかであったりと個性的で、舌触りや食感がひとつひとつ異なり、味わいも違って感じられるという。

「toge-toge」「suka-suka」「sube-sube」「zara-zara」と、それぞれの食感を擬音で表した名称も特徴的。

まるでデザイン家具のようにスタイリッシュなルックスは、見ているだけでも十分に楽しめる。

是非とも自分の舌で味の違いを確かめてみたい、新体験スイーツだ。

nendo
http://www.nendo.jp/jp/works/chocolatexture/

チョコ(まとめ)
バレンタイン(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP