ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“婚活に効くモテ部屋”の選び方など 最新引っ越しトレンド

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 春からの新生活に向けて、新居探しや引っ越しに動き始める人も多いこの時期。物件の選び方に変化が見られる今、物件探しのトレンドについて住まい選びアドバイザーの中川寛子さんに聞いた。

 賃料は、全体の傾向として「低いところで安定しています。場所によってはさすがに下げ止まった感じはありますが、敷金・礼金も下がっており、借りやすい状態は続いています。昨年は消費増税もあって駆け込む動きがありましたが、今年は1月の動きでいうと鈍いですね。昔は早い時期に新築を確保する動きがありましたが、今は新築にこだわる人は減っていますし、3月の年度内に引っ越しを考えてもそれなりに物件はあると思います」と中川さん。

 単身者に人気なのが、比較的安く住めて、寂しさを感じないシェアハウスだというが、最近の賃貸市場で目立つのは、そのシェアハウスの多様化だという。空き家が増えている今、有効活用できて貸す側にもメリットのあるシェアハウスだが、特色のあるタイプが増えたという。その理由とは?

「数が増えた分“普通”では厳しい状況です。インテリアや家具に凝って…というのも、もうだめ。趣味性を強く出したものや、新しい暮らし方を提案するようなシェアハウスが人気です。例えば、料理が好きな人たち向けに大きなキッチンがあったり、1年ほど前に、東急電鉄が渋谷区有の建物を借り受けて作ったシングルマザー限定のシェアハウスなど、対象者を限定した物件が挙げられます」

 そもそもシェアハウスが受けている理由のひとつに“繋がり”というキーワードがあると中川さん。

「今、繋がりを作る物件が増えていると感じます。趣味や共通項のある人を集めれば、自然にコミュニティーができますよね。入居者以外にも、地域の人も使えるコモンキッチンがあったり、料理教室として解放したり、地域との繋がりを大事にするシェアハウスが増えています。シェアオフィスも同様で、地域の人と共用するスタイルが出てきています」

 同じく継続して人気なのが、“新築より安くあがり、場合によってはいい立地に住め、自分の好きなようにも変えられる”リノベーション物件。著名なデザイナーや建築家による、中古でも高額な家賃のリノベーション物件が出たり、無印良品がURとコラボしてリノベーションプロジェクトを打ち出すなど、ここ数年リノベーションが人気だが、賃貸物件においても人気は高まっているという。

「昨年、国交省が、借主が自費で修繕やDIYを行う借主負担型の賃貸借契約の指針を策定しました。素人でも塗りやすいペンキやはがしやすい壁紙など建築資材が良くなっていて、自分でDIYをしたい人は増えています。ただ、部屋を出る際の原状回復の問題がありますから、ルールをきちんと決めないと後でトラブルになりかねません。大家は修繕にお金をかけない分、家賃を安くするべきだと思われますが、中には、修復してもらって価値を高めてもらうにもかかわらず家賃を高く取りたいと考える大家さんもいて、ルールの整備は途上の面もあります」

 リノベーションの形態も多様化し、オフィスや店舗を住宅にしたり、その逆もあり、塾を作ったりとさまざまな形が生まれてきているという。

「最近は、首都圏だけでなく地方でも増えている面白い動きがあります。地方では土地そのものが安く、新しく建てても全体としてコストがかかりません。それでも古い建物を利用しようという背景に、インテリアもですが、古く使い込んだレトロなものが受けている流行があります。実際、空き家も増えていますから、今後さらに広がるでしょう」

 部屋が余り、家賃が下がり、これまでに比べて好きな場所に住めるようになった今、これからは家賃、通勤時間といった数字やハード情報のみで部屋を選ぶのではなく、例えば「婚活に効く部屋」「快眠できて美容に良い部屋」「子育てに良い部屋」などと、自分が望む暮らしや、理想の自分、要望から部屋を選ぶ時代になったと中川さんはいう。
 
「例えば婚活している女性なら、桜、夜景、花火…口実は何でもいいですが、誘える口実がある部屋がいいです。誘った後、部屋を片付けるための時間稼ぎの場として近くにコンビニなどがある立地を選ぶとか、収納が豊富だと散らかりにくく、慌てて片づける時に物を放り込める。胃袋をつかむために、コンロは2口以上など料理しやすい部屋を選ぶ。居室にトイレの音が響きにくい間取りを選ぶ。男性も女性と同様です。部屋にこだわりを持って“語れる物語”があると、モテに繋がりますよ」

 昨年11月、HOME’Sが824人の男女に行った調査によると、部屋にこだわりのない男性の彼女いない度は、こだわりのある男性より有意に高いとの調査結果が。また、部屋に満足していない人の約6割が体調に不調を感じているとの回答も。新居は自分の目的重視で選ぶことが重要のようだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「体重×千円」ダイエットの成果で家賃が決まるシェアハウス
カップ麺 もっとも食べているのは青森市の人、2位は秋田市
減量目的女性専用シェアハウス 体重1kg減で家賃1000円安く

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP