ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【世界の名言】発見の旅とは景色ではなく、新しい目を探すこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「発見の旅とは、新しい景色を探すことではない。新しい目で見ることなのだ」-マルセル・ブルースト(フランスの作家)


Mami Nakae「ヨーロッパ8か国一人旅

旅の衝動の一つとして、「○○が見たい」というものが挙げられるだろう。素晴らしい景色は、なぜか私たちを魅了してやまない。自分の中でもそのような衝動が沸くたびに、私は…いや、人間はわがままだとつくづく思う。生きているうちに自然と自分の中の基準を上げていく生き物なのだ。

これは旅や景色のみに当てはまることではない。スーパーに売っているおいしい肉を食べると、レストランで食べるシェフが作ったステーキでしか感動しなくなり、それに慣れると次はA5ランクの黒毛和牛でないと喜べなくなる…。

これが幸せなのか、不幸せなのか…、一概に何とも言えないが、新しい発見という観点から考えると幸せなのではないかと思う。知らないことを知るということは、間違いなく人生を深くし、人間に厚みを出すだろう。

どこかに旅立ち、新しい景色を探す。見たことのない景色を探す。求めるものを見つけた瞬間、「感動」という不安定で、いずれは消えてなくなってしまうような一過性のものが生まれると同時に、あなたの中には「新しい目」という消えない財産が生まれている。その「目」がまた、さらに美しい景色や新たな発見を求めるのだ。

旅では「新しい景色」を探しているのではない。新しい目で見ることで生まれる「次に進む原動力」を探しているのだ。

(ライター:八木彩香

*Mami Nakae「ヨーロッパ8か国一人旅

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。