ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CyanogenMod 12でロック画面のショートカットが変更可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 5.0 ベースの CyanogenMod 12 でロック画面のショートカットを別のアプリやショートカット変更することが可能になりました。これで、電話やカメラ以外のアプリをロック画面から直接起動できるようになります。標準の Android 5.0 の場合、ロック画面の左下には電話アプリが、右下にはカメラアプリのショートカットが組み込まれており、アイコンをタッチして左右にスワイプすることで、該当の機能をダイレクトに起動することができます。CyanogenMod 12 では独自の機能変更によって、ショートカットアプリを変更することができます。これで、起動するカメラアプリを別のものに変更したり、電話アプリではなく、SNS アプリを表示していつでも手軽に閲覧できるようにすることが可能になります。ロック画面ショートカットの変更方法は、設定メニューの「セキュリティ」→「Lockscreen shortcuts」を開き、表示されるアイコンをタップして「アプリを選択」から好きな Android アプリ、またはショートカットを選択します。


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Project TangoをGoogle ATAPから本体に移管
HTC、HTC One (M8、M7)を90日以内にアップデートする公約を守れず
Google、「Googleアプリ」に他社のAndroidアプリの通知をNowカードとして表示する新機能を追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP