ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

背もたれに自画像が現れる、驚きの「イリュージョン・チェア」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スウェーデンのデザイナー、Gabriel Sarkijarvi氏がデザインした「The Illusion Chair(イリュージョン・チェア)」は一見したところ、なんの変哲もない木製の椅子。

しかしこの椅子、じっと見ていると何かが見えてくる。

ぼんやりと浮かび上がってきたのは、この椅子を作ったSarkijarvi氏の顔。

そう、こちらは実は自画像を背もたれにデザインできる椅子なのだ。

液晶テレビの画面に使われるラスター(テレビ画面上の水平走査線のパターン)に似た技術を使い、背もたれに使われている板の幅を微妙に調節することで、顔が浮かび上がるのだそう。

細部の微調整が必要なこともあり何度も失敗したようだが、試行錯誤を経てようやく完成に至ったとか。

Sarkijarvi氏の場合、顔の半分を覆う髭が特徴的なため、パッと見でも分かりやすい。

こういう印象的な特徴を持つ人には、オススメのデザインのようだ。

自宅に大きな自画像を飾るよりも、控えめな自己主張がなかなかオシャレかも!?

Gabriel Sarkijarvi
http://mocoloco.com/archives/030239.php

チェア(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP