体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アイドル業界にLINEスタンプのブーム到来!ブルーオーシャンの覇権を争う5組とは!?

アイドル業界にLINEスタンプのブーム到来!ブルーオーシャンの覇権を争う5組とは!?

1月26日の深夜にフジテレビで放送された『ムチャブリ!スタンパー!!』がアイドルファンのあいだで話題を集めている。タレントやクリエイターがムチャブリされてLINEスタンプを作成するというこの番組に、神聖かまってちゃんや撃鉄、アカシックのマネジメントとして知られる劔樹人氏が登場。「使いたくなるアイドルヲタ語!」をテーマにしてLINEスタンプを作成し、アイドルファンが続々と購入しているようだ。

さらにその翌々日の28日はでんぱ組.incがテレビ朝日『でんぱの神神』の企画でメンバーが考案したLINEスタンプをリリース。アクセスが殺到し一時は購入できないという事態が起きるなど、アイドル業界がLINEスタンプに目を向け始めている。普段あまり周囲にアイドルファンであることを公言できないシャイな人でも友人に向けて思う存分アピールできるアイテムでもあり、今後もアイドル業界にLINEスタンプの潮流が訪れることは間違いないだろう。

今後は様々なグループの公式LINEスタンプがリリースされることも予想できるが、それでは果たして、一体どんなアイドルがこのブルーオーシャンの覇権を手に入れるのだろうか? やはりここは、個性溢れる強者を多数抱えるハロー!プロジェクトに期待したい。というわけで本日は、ハロー!プロジェクトが公式でLINEスタンプを出したらどれが欲しいか、あるいは使えるかを5つの組に分けて考えてみた。是非とも参考にしていただきたい。

<その1 各ユニットの新メンバー&新ユニットのメンバーモーニング娘。’15の12期、アンジュルム3期、カントリー・ガールズの新メンバー>

2015年から本格的に活動を始める新メンバーや、新たにデビューするグループを抱えるハロー!プロジェクト。この勢いを大きな流れにするために、LINEスタンプという武器は大いに活用できるのではないか。

アンジュルムの新メンバーやカントリー・ガールズのメンバーなどにも期待が集まるところだが、使いやすさを考えたときにはやはり牧野真莉愛(モーニング娘。’15の12期メンバー)が有力だろうか。彼女がブログで冒頭に必ず書く「まりあ、嬉しいです」という一文はファンのあいだでも流行の兆しを見せつつある。「嬉しいです」「すごく嬉しいです」「本当に嬉しいです」「とっても嬉しいです」「とーっても嬉しいです」「とっても、とっても、嬉しいです」などのシリーズ展開も可能。ファン自身が牧野真莉愛になった気になれるという利点もあり、確実なヒットが望めそうだ。

またハロプロ研修生から誕生する新ユニットからは、浜浦彩乃に期待が集まる。ユニットとしてのデビュー前にも関わらず、ハロプロ研修生時代に某浜浦ファンが残した「はまちゃんには時間がないんだ!」という心の叫びは既に多くのファンから共感を集める名言の一つ。LINEを離脱する際に「はまちゃんには時間がないんだ!」スタンプさえ残しておけば、忙しいということが相手に伝わる便利なアイテムとなるはずなので、是非とも商品化が望まれるところだ。

<その2 アンジュルム(3期除く)>

昨年までスマイレージとして活動していた6人も、若手の台頭に負けずに攻めていきたいところだ。6人全員が個性的なグループだが、周囲への波及という点で考えたときには勝田里奈に一票を投じたい。この勝田里奈、若くて元気な女の子というアイドル像を根本から覆すようなマイペースキャラで知られているため、ファン以外のユーザーからも注目を集めそう。

メンバーからもそのダンスを「省エネダンス」と公認されているほど、省エネスタイルを貫くのが基本。そのためLINEスタンプも省エネを志向し、全体的に明度は低くしてもらいたいところだ。彼女の「それな」スタンプは内向的なユーザーにとっては使える局面が多々あるはず。誰かが失言をした際に使用できる「ばくわら」スタンプも合わせて購入したい。

<その3 モーニング娘。9期〜11期>

正直言って考えようと思えばいくらでも考えられるため、代理店の腕の見せ所だと言えるだろう。その中でもインパクトという点を重視すれば、10期メンバーの工藤遥による「真面目にお仕事してるのに!」スタンプは絶対に欲しいところだ。かつてテレビ番組でイス取りゲームのイスが人数ぶんあるというドッキリを仕掛けられた際、涙を流しながらスタッフにキレて本人が残した名言である。冷やかされたときや発言を茶化されたときにこのスタンプを使えば、きっと相手も反省してくれるはず。

1 2次のページ
AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。