ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

職人の志を描く映画『繕い裁つ人』

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「ずっと好き」や「かつては好きだった」、あるいは「もともと興味がない」などなど、ファッションに対するスタンスは人それぞれだろう。しかしその誰もが興味を引かれそうな映画が、1月31日公開の映画『繕い裁つ人』だ。本作はファッションをテーマにしたストーリーながら、そこに描かれる主題はいわば職人の“熱意と志”なのだ。

【もっと大きな画像や図表を見る】

その職人、南 市江を演じるのは中谷美紀。舞台は神戸。「南洋裁店」という小さな看板が掲げられた古びた洋裁店で、昔ながらの仕事を貫く手作りの一点モノにこだわる市江は、「先代の手がけた衣服の手直しだけをしていたい」と、実に頑なだ。そんな彼女の才能に目をつけ、百貨店での取り扱いを持ちかけるのが、今をときめく気鋭の俳優・三浦貴大が演じる藤井である。

「こういう生活って、できるものならしてみたいですよね。シンプルだけど、思いのあるものを大切にしていく暮らしにあこがれるんです。無駄なものってどんどん増えていくじゃないですか。この映画は、見失いがちだけど本質的な価値観に気づかされる作品だと思うんです」(三浦)

加えて、『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』などで評価を得る三島有紀子監督の手による独自の雰囲気も魅力だ。女性監督ならではの繊細な心理描写と美意識に基づく、淡く優しい空気感は、思わず引き込まれてしまうほど。と同時に、職人の“熱意と志”をくっきりと引き立たせてくれる。

「タイトなスケジュールだったんですが、現場の空気がとてもよくって。中谷さんと監督のおかげなんだろうなと思いましたね。仕上がった作品を見て、そのあたりが空気感としてうまく作品に反映できていると感じました」(同)

ちなみに本作は、同名の大ヒットコミックの映画化作品。もともと女性向けだが、男性もしっかり楽しめる“筋”の通った骨太な出来映えだ。普段身につけるものに対する向き合い方を変えてくれるような職人の“熱意と志”に、ぜひ劇場で触れてみてはいかがだろうか。
(吉々是良)
(R25編集部)

職人の志を描く映画『繕い裁つ人』はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

「ファッション代行サイト」の魅力とは?
百貨店でじわり人気上昇中「リメイク」サービスの魅力
追い出せる気がしない鬼に唖然!?
「ベイマックス女子」に疑問の声
秋元才加の凄まじい努力と熱演

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP