ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

荒川弘の人気漫画『アルスラーン戦記』がアニメ化!4月より放送スタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

主人公の王太子・アルスラーンと彼に忠誠を誓う黒衣の騎士・ダリューン。
©2015 荒川弘・田中芳樹・講談社/「アルスラーン戦記」製作委員会・MBS

講談社「別冊少年マガジン」にて連載中の人気コミック『アルスラーン戦記』がアニメ化される。

『アルスラーン戦記』は、1986年に第1巻が発売された田中芳樹の長編小説。現在のところ全14巻が刊行されており、その累計発行部数は600万部に及ぶ。権謀術策が渦巻く中世ペルシアをモデルにした架空の国パルスを舞台に、王太子アルスラーンが成長していく姿をドラマティックに描いた硬派な英雄物で、ファンタジー好きはもちろん歴史オタクからの評価が高いことでも知られている作品だ。

今回放映が決定したアニメ版『アルスラーン戦記』の原作となっているコミックは、田中芳樹の原作小説を『鋼の錬金術師』や『銀の匙』などのヒット作で知られる漫画家・荒川弘がコミカライズしたもの。およそ30年という途方も無い時間をかけて田中が生み出した壮大な世界観を、荒川が独自の解釈を加え漫画で表現した同作は、既刊2巻(第3巻は2015年2月9日発売予定)にして累計100万部を突破している。

アニメ版の監督は、『幽☆遊☆白書』『BLEACH』の阿部記之、シリーズ構成は『刀語』『天体戦士サンレッド』などの脚本を手がけて来た上江洲誠、キャラクターデザインは『BLEACH』『おおきく振りかぶって』などで作画監督を務めた小木曽伸吾が担当する。

放送は4月より毎週日曜17時からMBS、TBS系全国28局ネットにてスタートする予定。天才・田中芳樹が生み出し、当代一の売れっ子漫画家が再解釈した傑作ファンタジーは、一体どのようなアニメに仕上がっているのだろうか。

原作漫画掲載誌「別冊少年マガジン」(講談社)毎月9日発売
原作コミックス既刊2巻  最新第3巻 2015年2月9日(月)発売

「アルスラーン戦記」アニメ化決定 突撃開始(ヤシャスィーン)CM

「アルスラーン戦記」アニメ化決定 突撃開始(ヤシャスィーン)第2弾CM

▼リンク
アニメ公式サイト
http://www.arslan.jp/

原作漫画公式サイト
http://www.shonenmagazine.com/bmaga/arslan

カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。