ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お天気キャスター 人気の陰に大物司会者による「いじり」あり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ニュース番組やワイドショーのお天気コーナーに欠かせない気象予報士。最近は異常気象などを解説するため出演時間も増えており、存在感も増している。そんな注目を集めるお天気キャスターの人気をさらに押し上げているのが、番組司会者との掛け合いだ。

 例えば、平日朝のワイドショー『とくダネ!』(フジテレビ系)に出演している天達武史(39才)。スタジオの小倉智昭(67才)からの「あまたつぅ!」という呼びかけはあまりに有名。

「彼は小倉からかわいがられていて、本番中いじられることもよくある。富士山から中継していたときに『湧き水に飛び込め! 頭から! 早く!』と言われていたこともあります(笑い)」(芸能ライター)

 そうしたいじりに対し苦情電話が来ることを以前小倉が番組内で明かしていたが、当の天達は「ぼく、いじめられるの、大好きです」と返し、笑いをとっていた。

 さていじりに対して敢然と立ち向かうことで話題のお天気キャスターが、『ミヤネ屋』(読売テレビ)に出演している気象予報士・蓬莱(ほうらい)大介(32才)だ。

「去年の夏、猛暑が襲ったときのこと。司会の宮根誠司(51才)から『前、冷夏になるって言ってたやん』と過去の発言を問いただされても、『言ってない』『言った』と押し問答を繰り広げ、話題になりました。また最近ではテニスプレーヤー錦織圭選手が出場する全豪オープンの前日、『オーストラリアの天気はどうなの?』と宮根から無謀な質問をされたとき、彼は『調べておきます』と健気に返答。これには宮根も苦笑していました」(同)

 蓬莱はかつて役者として活動し、映画『20世紀少年』や松本人志監督の映画『大日本人』などにエキストラとして出演していたことのある苦労人。『ミヤネ屋』に登板した時、宮根から「お前を有名にしたる」と言われたというから、いじりは宮根なりに話題作りと考えてやっていることなのだろう。

 そんな『ミヤネ屋』同様、平日お昼の枠で好調なのが『ひるおび!』(TBS系)。ここでお天気コーナーを担当している気象予報士と言えば森朗(もりあきら 55才)。哀愁漂う中年サラリーマンのような雰囲気が特徴だ。

「森さんは予報が外れやすく、司会の恵俊彰(50才)からいつもツッコまれています。例えば、去年12月の時点で彼は『来年1月は暖冬です』と予測していたのですが、結果、外れてしまった。そこで恵から『森さん、言ってること違うじゃないですか」と指摘されると、『あの~確かにですね…だいぶあの~、見込みとだいぶ違う部分が出てまいりまして…』とアタフタと返答。さらには、『また寒波がやってきます』と発言すると、何と客席から『エ~~ッ!』とブーイングが飛んでいました』(同)

 そんなお天気キャスターの歴史の中で、初めてキャラクターが注目された人物と言えば、TBS専属で、現在はニュース番組『Nスタ』に出演している森田正光(64才)ではないだろうか。還暦を過ぎた今は立派なオジサンだが、若い頃はかなりファンレターも届いていたという。

「実は彼も、ある名司会者に気に入られたひとり。その司会者とは『象印クイズヒントでピント』(テレビ朝日系)などで活躍した故・土居まさるさんです。30年以上前のことですが、森田は土居さんのラジオ番組でお天気コーナーを担当していました。でも予報が外れると『本当にすみません』と素直に謝ったり、土居さんからの『週末は?』という問いに対し『野球観戦に行きます』と答えてしまったりキャラクター全開。

 それを土居さんが気に入り、自ら司会を務めるテレビ番組に抜擢、彼に天気予報コーナーを持たせたのです。森田の名は一気に広まり、彼はのちに気象協会を退職、日本初のフリーのお天気キャスターになりました」(業界関係者)

 以上4人の気象予報士を挙げてきたが、彼らはいずれも、その人間性を引き出し、面白がってくれる司会者に巡り会えたことが今の人気につながっていると言えよう。他にも、木原実(日本テレビ系『news every.』)、依田司(テレビ朝日系『グッド!モーニング』)など個性的なお天気キャスターは数多くいる。これからは“お日柄”とともに、それを伝える“人柄”にも注目してみてはいかがだろうか。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
めざにゅ~細貝アナ キャラ弱いとの評価も歌下手認定で注目
元お天気お姉さん・甲斐まり恵の「アバンチュール」撮り下ろし
お天気お姉さん 欧米ではルックスは関係なく完全な実力主義

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP