ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

補強少ない中日 落合GMの意向がますます現場に浸透との評判

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1月5日、名古屋市内で中日の年賀式が行なわれ、冒頭の挨拶で白井文吾オーナーは、「今年のドラゴンズは負けるわけにいかない」と檄を飛ばした。

「某有名選手はドラゴンズに来てくれませんでしたが、あの程度の選手は自前で育て上げる意気込みを、監督、コーチ陣がもっています」

 某有名選手とは、熱烈ラブコールをしてFAでの獲得を狙ったオリックスの金子千尋のこと。昨年のパの最多勝にして沢村賞投手を「あの程度」呼ばわりする白井オーナー、86歳にして今なお意気軒高である。

 ただし今年の中日は金子に留まらず、西武の捕手・炭谷銀仁朗や、結局オリックス入りが決まった中島裕之に相次いでフラれるなど、補強策は空振り続きだった。新加入はオリックスを戦力外になった八木智哉投手と、3人まとめて1億1400万円というお買い得のドミニカ助っ人トリオくらい。

「新スタッフも元近鉄の大塚晶文が入閣したくらいで、あとは達川光男、辻発彦、長嶋清幸、高柳秀樹、佐藤秀樹の各コーチにチーフや総合といった肩書を付け足しただけ。落合博満GMの意向が、ますます現場に浸透しやすくなったといわれています」(中日担当記者)

※週刊ポスト2015年2月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ナゴヤドーム盛り上げる中日チア「私たちのダンス見にきて」
WBCに選手出さなかった落合監督に選手 「やりやすい」の声
中日・平井 オリックス移籍の道あったも監督人事原因で白紙

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP