ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ガチで「ロンギヌスの槍に月に刺す」 エヴァの胸アツすぎる企画始動

DATE:
  • ガジェット通信を≫


エヴァンゲリオン20周年公式企画「ロンギヌスの槍を月に刺す」プロジェクトキービジュアル ©カラー
1月30日(金)に渋谷ヒカリエにて「エヴァンゲリオン20周年公式企画『ロンギヌスの槍を月に刺す』プロジェクト」が発表された。

このプロジェクトはクラウドファンディングサービス・READYFOR? で資金調達が行われ、目標額の1億円に達成すれば、そのプロジェクト名の通り、現実のものとなる。

エヴァンゲリオン20周年「ロンギヌスの槍を月に刺す」プロジェクト

HAKUTOと連携、本物の月へと輸送

今回、月面に突き刺す予定となっている「ロンギヌスの槍」とはそもそも何なのか。

これはTVシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』第弐拾弐話「せめて、人間らしく」にて、エヴァ零号機が使徒に向かって投擲した武器で、物語の重要な鍵となっている槍だ。成層圏にいた使徒に対して投擲し、使徒を貫いた後、そのまま月に突き刺さってしまったのである。

今回、新世紀エヴァンゲリオンの放送開始から20周年を記念して、また今年が作品の舞台と同じ2015年ということを記念して、この「ロンギヌスの槍」を月に突き刺し、アニメでの出来事をこの現実において再現しようというものだ。

実際に月面へ突き刺す手段として、日本初となる月面探査に挑む、民間宇宙開発チームHAKUTO(ハクト)に全面協力を仰いでプロジェクトが進められる。HAKUTOは、Googleによる国際宇宙開発レース「Google Lunar XPRIZE」へ日本で唯一参戦、さらには中間賞を獲得するほどの実力を持つチームだ。

クラウドファンディングで募った1億円のほとんどは、ロンギヌスの槍およびその放出機構を月面に運ぶための費用となってしまうという。現在、重さ1gの物を月面まで輸送するために、およそ1,200ドル(約14万円、1ドル120円想定)の費用がかかるといわれており、約600~700gになるロンギヌスの槍およびその放出機構を月面に運ぶための費用としてほぼ全額使用され、もし目標金額1億円を達成しなかった場合は本プロジェクトは実行されないという。

庵野秀明さんもプロジェクトを激奨

今回のプロジェクトについて、総監督の庵野秀明さんがコメントを寄せている。

空想、妄想の世界を描いたアニメ作品の表現が、現実の世界で本気の遊び、エンターテイメントとして再現される計画に、驚きと喜びと感慨と深い感謝を覚えます。成功を祈ります。
原作・総監督 庵野秀明

『エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』では月面に突き刺さっていたロンギヌスの槍がエヴァンゲリオン初号機に反応して地球に帰還するというシーンがある。月との物流が容易になった将来、月からの帰還も実現して欲しいものだ。

注目が集まる超豪華リターン

¥5,000の支援で受け取れるリターン

①チーム・ロンギヌス隊員証(名前&シリアルナンバー入り)
プロジェクト参加メンバー限定の名前&シリアルナンバー入りIDカード。
②プロジェクト参加証明書
プロジェクトに参加し、ロンギヌスの槍を月に刺すことに貢献したことを示すオリジナルデザインの証明書。
③プロジェクト報告書&名前掲載
プロジェクト完了後に発行される、その全貌を記録した報告書。さらに報告書のスタッフロールへの名前の掲載。
④ハクトサポーターズクラブ入会権
宇宙に関する特別イベントに参加できるなどハクトならではの特典が盛り沢山の「ハクトサポーターズクラブ」に入会できる権利。

¥10,000の支援で受け取れるリターン

【A】初号機セット
①山下いくと描き下ろしイラストポスター(初号機)
エヴァンゲリオンのメカニックデザイナー・山下いくとが本プロジェクトのために描き下ろしたイメージビジュアルのポスター。(B2サイズ)
②プロジェクトオリジナルステッカー(Aタイプ)
エヴァンゲリオンのメカニックデザイナー・山下いくとが本プロジェクトのために描き下ろしたプロジェクトロゴのステッカー、Aタイプ。
③月面ペイロード放出機構設計図
本プロジェクトにおいて月面で槍を放出するために開発される機構の設計図。(A3サイズ)
④¥5,000の支援で受け取れるリターン

【B】綾波レイセット
① 松原秀典描き下ろしイラストポスター(綾波レイ)
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』作画監督・松原秀典が本プロジェクトのために描き下ろしたイメージビジュアルのポスター。(B2サイズ)
② プロジェクトオリジナルステッカー(Bタイプ)
エヴァンゲリオンのメカニックデザイナー・山下いくとが本プロジェクトのために描き下ろしたプロジェクトロゴのステッカー、Bタイプ。
③ 月面ペイロード放出機構設計図
本プロジェクトにおいて月面で槍を放出するために開発される機構の設計図。(A3サイズ)
④¥5,000の支援で受け取れるリターン

【C】
①オリジナルデザインTシャツ(Aタイプ)
本プロジェクトのオリジナルデザインTシャツ(Aタイプ)。
②¥5,000の支援で受け取れるリターン

【D】
①オリジナルデザインTシャツ(Bタイプ)
本プロジェクトのオリジナルデザインTシャツ(Bタイプ)。
②¥5,000の支援で受け取れるリターン

【E】
①あなたの大切な想いを載せたデジタルメモリーを月に届けます
あなたが未来まで残したい思い出の写真、メッセージ、音(メロディー)などを、デジタルメモリーにして38万km彼方の月面にお届け致します。大切な人への想い、幼い頃飼っていたペットの写真、家族へ向けた手紙、思い出の音楽など、デジタルデータにして槍とともに月まで運びます。あなたの大切にしているものが月に届いたとき、いつでも月を見上げれば、それを想い返すことができると思います。
②¥5,000の支援で受け取れるリターン

¥50,000の支援で受け取れるリターン

①あなたの名前がロンギヌスの槍と一緒に月に届く権利
実際に月に刺すロンギヌスの槍本体に、あなたの名前が刻まれます。
②¥5,000の支援で受け取れるリターン

¥100,000の支援で受け取れるリターン

【A】
①山下いくと描き下ろしイラスト複製原画 「エヴァンゲリオン初号機」
エヴァンゲリオンのメカニックデザイナー・山下いくとが本プロジェクトのために描き下ろしたイメージビジュアルの複製原画。高精細プリントにより、描き手の意図を忠実に再現した一品。(サイズ未定)
②¥5,000の支援で受け取れるリターン

【B】
①松原秀典描き下ろしイラスト複製原画「綾波レイ」
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』作画監督・松原秀典が本プロジェクトのために描き下ろしたイメージビジュアルの複製原画。高精細プリントにより、描き手の意図を忠実に再現した一品。(サイズ未定)
②¥5,000の支援で受け取れるリターン

【C】
①ロンギヌスの槍 -月面放出仕様-
本プロジェクトにおいて月面に刺されるロンギヌスの槍と同型のレプリカ。※全長240mm・チタン合金製(予定)
②¥5,000の支援で受け取れるリターン

¥200,000の支援で受け取れるリターン

【A】
①山下いくと描き下ろしイラスト複製原画「エヴァンゲリオン初号機」(サイン入り)
エヴァンゲリオンのメカニックデザイナー・山下いくとが本プロジェクトのために描き下ろしたイメージビジュアルの複製原画。高精細プリントにより、描き手の意図を忠実に再現した一品。山下いくと直筆サイン入り。(サイズ未定)
②¥5,000の支援で受け取れるリターン

【B】
①松原秀典描き下ろしイラスト複製原画「綾波レイ」(サイン入り)
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』作画監督・松原秀典が本プロジェクトのために描き下ろしたイメージビジュアルの複製原画。高精細プリントにより、描き手の意図を忠実に再現した一品。松原秀典直筆サイン入り。(サイズ未定)
②¥5,000の支援で受け取れるリターン

¥5,000,000の支援で受け取れるリターン

①月面ペイロード放出機構ネーミング権
月面に向かってロンギヌスの槍を放出する「月面ペイロード放出機構」にあなたの好きな名前を付けることができる。今後、このプロジェクトに関する情報を出す際には、「月面ペイロード放出機構」はあなたの決めた名前で世の中に紹介される。
②¥5,000の支援で受け取れるリターン

¥10,000,000の支援で受け取れるリターン

①刀匠によるロンギヌスの槍(「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」特別協力)
日本全国、そして欧州各地で開催され、巡回している大好評の「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」の為に作られ、展示されているロンギヌスの槍(全長3.3m)。現代最高峰の刀匠・三上貞直氏の手によるその至高の一品を、本プロジェクト用に新たに同等品を一点だけ製作。「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」の特別協力により実現した、夢の一品。
②¥5,000の支援で受け取れるリターン

引用元

ガチで「ロンギヌスの槍に月に刺す」 エヴァの胸アツすぎる企画始動

関連記事

「エヴァ」新作短編公開! 新劇場版の布石か? 綾波に歩み寄るシンジ
エヴァ、配信します! Huluで「新世紀エヴァンゲリオン」視聴可能に
陽水、林檎が歌う宇多田ヒカルカバーがすごい! エヴァ初カットも

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP