ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsungは「Galaxy Tab S Pro」を開発中、同社製アプリのサポート機種リストに追加される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung が Super AMOLED ディスプレイを搭載したフラッグシップタブレット「Galaxy Tab S」の上位版・大型版とみられる「Galaxy Tab S Pro」を開発していることが判明しました。これは、Samsung が Google Play ストアで配信している同社製アプリ「Milk Music」のサポート端末リストにひっそりと追加されていた「Tab S Pro®」の存在によって予想されていることです。Galaxy Tab S シリーズは 8.4 インチモデルの「Glaaxy Tab S 8.4」と 10.5 インチモデルの「Galaxy Tab S 10.5」が存在し、「Galaxy Tab S Pro」という機種は発表されていません。Galaxy タブレットに「Pro」と付く機種は 12.2 インチディスプレイを搭載しているので、このサイズかあるいはもっと大きいサイズのディスプレイを搭載していると推測されます。Soure : Google Playストア(Milk Music)


(juggly.cn)記事関連リンク
Motorola、ブラジルでLTE対応のMoto G 4Gを発売
Facebook製「Facebook Bluetooth Beacon」がFCCの認証を取得
Huawei P8は4月15日にロンドンで発表か?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP