体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハルカトミユキ、2015年新曲第2弾はとi-depとコラボしたダンストラックに

ハルカトミユキ、2015年新曲第2弾はとi-depとコラボしたダンストラックに

2015年元旦に「12カ月連続新曲発表」という、超無謀マニフェストを発表したハルカトミユキ。1月に発表した第1弾楽曲「世界」がロングヒットの兆しが見えているが、早くも2月発表となる第2弾楽曲がアナウンスされた。

タイトルは「嘘ツキ」。今作は、プロデューサー・ナカムラヒロシ(i-dep)とハルカトミユキにより、リビングレコーディングされた共作曲。

意外にも、今回のコラボレートは、キーボードのハルカのリクエストで実現したそう。「世界」制作に至る過程で、Housemartinsなどをキッカケに、今更ながら90sのダンス・ミュージックにハマっているという、遅れてきたダンスミュージックリスナー、ハルカ。そんな彼女が近作のプロデューサーに選んだのはロンドンで活動を開始したDJ/サウンドクリエイターi-depのナカムラヒロシ。ナカムラのジャジィなピアノリフレインに、サウンドデザイナー黒瀧節也(iiP)のクレイジーなカットアップと、80’sフリーク=ミユキのアナログシンセが加わり、緊張感と開放感の絶妙に同居したアッパーライブチューンが生まれた。

ハルカの歌詞は、今まで以上に、生々しく都会で生きる女の子の生態を切り取っており、迸るような言葉の弾丸が、閉塞した感情が爆発する刹那を瑞々しく描ききっている。

配信情報

「嘘ツキ」
2015年2月18日配信

関連リンク

ハルカトミユキ オフィシャルサイトhttp://harukatomiyuki.net/
ハルカトミユキ Facebookhttp://www.facebook.com/Harukatomiyuki

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。