ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スクリーンショットを自動分類するアプリScreenshotsは写真中のテキストも解読!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンでスクリーンショットを撮ることが多い、という人にぜひチェックしてほしいアプリが登場した。スクリーンショットを撮影日やアプリごとに自動分類し、しかもスクリーンショット内の文字を認識するアプリ「Screenshots」だ。

・ショットのソースを認識

通常、スクリーンショットはカメラロールの中に保存されるので、普通の写真やビデオの中に埋もれてしまう。

そしてカメラロールからスクリーンショットだけを抜き出して保存するアプリはこれまでに幾つか登場しているが、Screenshotsの特徴は抜き出したスクリーンショットをさらに自動分類してくれること。

撮影ショットのソースが何かを認識し、例えばFacebook、Instagramといったアプリごとに並べることができる。ソースが認識できなかったものは「その他」に分類されるが、撮影日でも整頓できるので、お目当てのショットを探し出すときに便利だ。

・写真やリンクのコピーも

さらにScreenshotsのすごいところは、撮影したスクリーンショット内のテキスト(英文字のみ)やリンク、写真を認識することだ。

どんな風に使えるのかというと、例えば友人がFacebookに投稿した料理の写真のスクリーンショットを撮影したとしよう。通常であれば、それはただの写真。しかし、Screenshotsではスクリーンショットに写っている写真やテキストをタップしてコピーしたり保存したりできる。

投稿写真にレシピへのリンクが添付されていれば、スクリーンショットからそのリンクをタップしてコピーし、すぐにそのページを開く、という使い方もできる。

つまり、Screenshotsではスクリーンショットからダイレクトに情報を扱えるようになり、スクリーンショットを情報収集・整理手段として活用できることになる。

アプリはダウンロード無料なので、普段からスクリーンショットを利用しているという人は一度試してみてはどうだろう。

Screenshots

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP