体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

絶対お得!フランスを攻略するには「ツーリストパス」がおすすめ

生活・趣味
medium_14168697207

photo credit: D&S McSpadden via photopin cc

TRiPORTライターの濱松です。
みなさんは、1つの街、特にヨーロッパ圏を観光する際、どんなところへ行くでしょうか? 美術館に行って世界の名画を観賞したり、博物館や歴史的建造物で、その国の歴史に触たりすることもあるでしょう。はたまた、教会に足を運び、日本とは異なる宗教観を肌で感じることもあるかもしれません。

そんなときに、知っておくとかなりお得で便利な「ツーリストパス」。今回は、観光都市として有名なパリの「Paris Museum Pass」にフォーカスしてお伝えします。

こんなにお得!購入必須の「Paris Museum Pass」

1

(撮影:ライター)ルーブル美術館前の広場

フランスに訪れる観光客数は、毎年8000万人以上、近年は世界観光国ランキング1位をキープし続けています。日本と比較してみるとその差は歴然で、日本は2014年に1300万人を突破し、過去最高となりました。その数字を比べると、いかにフランスが観光立国なのかがわかります。

そのフランスのなかでも1番人気の観光地は、首都パリ。ここには、世界有数の名画を所有する美術館がいくつもあります。また、歴史的に大変貴重な建築物が、今なお多く残っているのです。どれほど滞在していても、すべてを見尽くすことは大変困難を極めることでしょう。

そして、観光する際に頭を悩ませることの一つが入場料です。1番人気のルーブル美術館は12ユーロ(1750円前後)、パリ郊外にあるベルサイユ宮殿にいたっては、18ユーロ(26000円前後)もします。そんなときにオススメなのが、“パリ市内・郊外の60カ所の施設が入場無料”となる「Paris Museum Pass」。種類は、2・4・6日間の3タイプ。価格は2日間42ユーロ、4日間56ユーロ、6日間69ユーロとなっています。
では、実際どれぐらいお得になるか、4日間タイプでシミュレーションしてみたので、参考にしてみてください。

4日間ミュージアムパスの使用例

1日の観光は、滞在、移動時間を考慮し、2つから4つにしています(施設の詳細情報は割愛)。

1日目:ルーブル美術館(12ユーロ)・凱旋門(9.5ユーロ)・ノートルダム寺院の塔(8.5ユーロ)・パンテオン(7.5ユーロ)→合計37.5ユーロ
2日目:オルセー美術館(9ユーロ)・軍事博物館(9.5ユーロ)・オランジュリー美術館(10ユーロ)→合計28.5ユーロ
3日目:ポンピドゥーセンター(13ユーロ)・ロダン美術館(8.5ユーロ)・コンシェルジュリー(8.5ユーロ)→合計30ユーロ
4日間:ベルサイユ宮殿(18ユーロ)・建築、文化財博物館(8ユーロ)→合計26ユーロ

1 2 3次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会