ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ライアン・ヘムズワース、tofubeatsも参加の最新作からMV公開 注目の若手シンガーソングライターを招いた一曲

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2月28日に発売されるライアン・ヘムズワースの最新作『アローン・フォー・ザ・ファースト・タイム +5』から「Too Long Here (with Alex G)」のミュージック・ビデオが新たに公開された。

 先日、tofubeatsの参加も発表されるなど、日本国内の若手プロデューサーとのコラボも話題となっている豪華盤『アローン・フォー・ザ・ファースト・タイム +5』。メジャーとインディの垣根やジャンルに関係なく様々なアーティストとのコラボレーションに積極的なヘムワースだが、今回発表された「Too Long Here」では、繊細なメロディと歌声で注目を集める米国ペンシルバニア州出身の若手シンガーソングライター、Alex Gを起用。自身の音楽への入り口がエリオット・スミスやブライト・アイズといったインディ・ミュージシャンだったという彼らしい人選の一曲となっている。どこかノスタルジックな雰囲気の漂う映像美にもあわせて注目したいミュージック・ビデオに仕上がっている。

◎リリース情報
『アローン・フォー・ザ・ファースト・タイム +5』
2015/2/28 RELEASE
1,800円(tax out.)

<収録曲>
01. Hurt Me
02. Walk Me Home (with Lontalius)
03. Snow In Newark (with Dawn Golden)
04. Blemish
05. Too Long Here (with Alex G)
06. Surrounded (with Kotomi & DOSS)
07. By Myself (with The GTW & little cloud)
08. Every Square Inch (with Qrion)※
09. Inside The Heart (with tofubeats)※
10. Cream Soda (with Tomggg)※
11. Snow In Newark (with Dawn Golden) [XXYYXX Remix]※
12. Walk Me Home (with Lontalius) [Live Version]※
※日本盤ボーナス・トラック

関連記事リンク(外部サイト)

ライアン・ヘムズワース カニエ、ラナ・デル・レイらのリミックスなどで注目を浴びるプロデューサーの最新作が豪華盤で日本リリース
tofubeats『First Album』リミックス盤が発売決定
tofubeats with 森高千里 ライブ開催を記念してスペシャルAL『森高豆腐』リリース決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP