ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

有効求人倍率が22年9か月ぶりの高水準 しかし「ブラック増えても意味ない」との嘆きも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

厚生労働省が1月30日、2014年12月の有効求人倍率を発表した。前月比0.03ポイント上昇の1.15倍となり、1992年3月以来22年9か月ぶりの高水準を記録した。

求職者よりも求人件数の方が多い有効求人倍率1超は、14か月連続。また、2014年の平均有効求人倍率は1.09倍となり、こちらも7年ぶりに1を超えた。

産業別に見ていくと、新規求人の上昇幅が前年同月比で最も大きかったのが宿泊・飲食サービス業。外国人観光客の増加を受けて17.7%の増加となった。
全体は1.15倍だが、正社員に限ると0.71倍

このほか前年同月比の増加率が高いのは、教育・学習支援業の17.3%や、医療・福祉業の11.9%。医療・福祉業の内訳を見ると、社会保険・社会福祉・介護事業が16.8%も増加しており、介護業界の人材不足が進んでいると見られる。

一方、製造業の増加率はマイナス1.6%。電子部品・デバイス・電子回路製造業がマイナス11.2%となっているのが大きい。ただし、飲料・たばこ・飼料製造業は26.7%、業務用機械器具製造業は12.7%増加していた。

なお、これらの数字はパートタイムなどの非正規求人を含めたもの。正社員の求人状況は2014年12月の月間有効求人件数が93万件で、前年同月より3.6%増加したものの有効求人倍率は0.71倍。依然として1にはほど遠い。

正社員での就職件数も、前年同月比で2.8%ダウンしている。全体の有効求人倍率は近年稀に見る高水準だが、1.29倍の非正規雇用が牽引する形になっており、正社員としての就職はなかなか難しいようだ。

地域別に見ると、東京(1.68倍)や愛知(1.54倍)、福井(1.52)、福島(同)などが高い一方で、沖縄(0.80倍)や鹿児島(同)、青森(0.85)倍などは1には達していない。ネットでは、有効求人倍率が高水準を記録したにもかかわらず、

「パートやアルバイトの求人が多いだけでしょ?」
「求人のほとんどが過酷な内容で薄給。これで景気回復したわーと実感はできないよね」
「量より質」「ブラックだったら意味ない」

なんて声も出ていた。

あわせて読みたい:ハロワがブラック求人を拒否!
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP