ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MWAM 渋谷eggmanにて春ツアー全公演発表&オーロラ仕様のジャケット公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 5周年記念ツアー【5YEARS 5WOLVES 3SHOWS TOUR】のファイナル公演を1月29日 渋谷eggmanで開催したMAN WITH A MISSION。同公演で、4月から始まるツアー【Seven Deadly Sins Tour 2015 ~七つの対バン~】の全公演日程を発表した。

その他オオカミのライブ写真など

 “活動初期からお世話になっているライブハウスでもう一度ワンマンライブを”というオオカミ達の強い意志の元に実施されたツアー【5YEARS 5WOLVES 3SHOWS TOUR】の、ファイナル公演が1月29日に渋谷eggmanで行われた。

 本公演では、最新シングル曲「Seven Deadly Sins」から始まり、その後は順に年代を遡っていくセットリストで、活動の全てを“フラッシュバック”させるMAN WITH A MISSIONらしい心ニクい演出が用意されていた。2010年に彼らが初めてリリースしたEP盤の表題曲「WELCOME TO THE NEWWORLD」でステージの幕を下ろし、奇跡的にチケットを入手できた350人のファンと、会場のスタッフにライブを捧げる姿が感動的な公演になった。

 そして、4月30日から始まるツアー【Seven Deadly Sins Tour 2015~七つの対バン~】の全公演日程を発表。このツアーは、2月11日にリリースとなるシングル『Seven Deadly Sins』を携え、7都市14公演を周るライブハウスツアーで、サブタイトルの“七つの対バン”に関しての真意は未公開となっており、情報公開に期待が高まる。また、同シングルには、本ツアーのチケット先行予約の詳細を明記したフライヤーが封入される。
 
 さらに、ジャケット撮影のメイキング映像 後篇(http://youtu.be/aEbVLcWdB6Q)を公開。カナダのホワイトホースでの模様や“オーロラ”を見に行く姿などを収録し、併せて公開した通常盤ジャケットでは実際のオーロラをバックに撮影したTOKYO TANAKA(vo)の写真が使用されている。

◎ツアー【Seven Deadly Sins Tour 2015 ~七つの対バン~】
4月30(木)東京・Zepp Tokyo
5月01(金) 東京・Zepp Tokyo
5月05(火・祝)福岡・Zepp Fukuoka
5月06(水・祝)福岡・Zepp Fukuoka
5月12(火)愛知・Zepp Nagoya
5月13(水)愛知・Zepp Nagoya
5月06(土)大阪・Zepp Namba
5月17(日)大阪・Zepp Namba
5月20(水)広島・BLUE LIVE HIROSHIMA
5月21(木)広島・BLUE LIVE HIROSHIMA
5月26(火)新潟・新潟LOTS
5月27(水)新潟・新潟LOTS
5月30(土)北海道・Zepp Sapporo
5月31(日)北海道・Zepp Sapporo

◎ライブ 5WOLVES 3SHOWS TOUR』
1月29日(木)shibuya eggman :セットリスト
01.Seven Deadly Sins 
02.evils fall
03.higher
04.database
05.Wake Myself Again
06.Emotions 
07.Take What U Want
~Drums & DJ session~
08.フォーカスライト(アコースティックVer.)
09.Get Off of My Way
10.FROM YOUTH TO DEATH 
11.distance 
12.Feel and Think 
13.DANCE EVERYBODY 
14.FLY AGAIN 
En1.NEVER FXXCKIN’MIND THE RULES 
En0.DON’T LOSE YOURSELF
En..WELCOME TO THE NEWWORLD

関連記事リンク(外部サイト)

綾野剛主演、園子温監督の映画『新宿スワン』が5月公開決定 主題歌/挿入歌はマンウィズ&UVERworldの豪華タッグ
オオカミが犬ぞりを乗り回す? MAN WITH A MISSION 新Sgのアートワーク公開
MAN WITH A MISSION たまアリ公演でダブルサプライズで、eggmanワンマンとシングル詳細発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP