ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

植松晃士 昼ドラ『花嫁のれん』に注目「嫁姑バトルは王道」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 新番組が始まる1月。ファッションアドバイザーの植松晃士さんは、あの新昼ドラマに注目しているという。植松さんがその魅力を解説します。

 * * *
 皆さま、ご機嫌よう。少し前に新年のご挨拶をしていたのに、もうすぐ1月も終わり。「月日の経つのが早く感じられるのは大人になった証拠」と申しますが、新年の宴の後、社会復帰に時間がかかったかたも多かったようです。

 知人の女性経営者(50代前半)は、「全然、やる気が出なくて困るわ。自分の“やる気スイッチ”がどこにあったのかも忘れちゃった」とボヤいていました。

 まったく、ギアを入れた瞬間、心身ともにエンジンがかかった若かりし頃はどこへやら。今は、エンジンを温めるだけでもひと苦労で、発進までに長い時間がかかります。

 さて、1月といえば、テレビでは新番組がスタートを切る時期。なかでも私が注目しているのは、昨年から好調を維持しているNHK連続テレビ小説『マッサン』と、フジテレビの昼ドラ『花嫁のれん』です。

 東京-金沢間を結ぶ新幹線が3月に開通しますが、『花嫁のれん』は、この大注目スポットである金沢を舞台としたホームドラマ。羽田美智子さんと野際陽子さんのW主演による、“アラフォー女と最強加賀女の終わりなき嫁・姑バトル”が見どころです。

 嫁姑バトルといえば、まさにドラマの王道。時代劇における『水戸黄門』のようなもので、こたつでみかんを食べながら鑑賞するには、もってこいのお題です。

 どんなにどろどろしたって、しょせんは他人事ですから安心して見られます。

 しかも舞台は“伊達”という言葉に象徴される、豪華絢爛で、粋で、少々見栄っ張りなことで知られる金沢の老舗旅館。

 加賀百万石の伝統にふさわしい女の闘いを想像すると、胸が躍るのは私だけではないはずです。

 さらに野際さん、羽田さん、そして昼ドラ初出演の矢田亜希子さん。お三方の華やかな着物姿も楽しみのひとつ。

 もちろん、日中は私も仕事をしているので、リアルタイムの視聴は叶いませんが、自宅で入浴後、就寝前のつかの間のリラックスタイムを、笑いと共感、そしてほんの少しの涙とともに、盛り上げてくれるものと期待しております。

※女性セブン2015年2月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
昼ドラ最後の砦・東海テレビのP「東海テレビだけが残った」
昼ドラがオンデマンドで視聴可能に 『吾輩は主婦である』等
昼ドラ出演の神保悟志 「この人スゴイ」と共演女優と結婚

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP