体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マウスコンピューター ノートパソコン『m-Book P660S2』ベンチマークレビュー

マウスコンピューターから発売中のノートパソコン『m-Book』シリーズの中から『P660S2』をお借りしました。この機種はシリーズ中でも15.4インチ液晶搭載(1680×1050)というきわめて大きな画面に、CPUにはIntel Core 2 Quad Q9000 2GHz、グラフィックにはNVIDIA GeForce 9800M GSを採用したハイエンドモデルとも言える構成なのです。メモリは4GB搭載されているため、標準搭載OSのWindows Vistaの動作もきわめてスムースです。

A4サイズ相当のボディの寸法は360mm x37.5mm x259.5mm。2.8kgの重量なので、オフィスや部屋の中の移動程度であれば問題を感じない大きさ。

ノートパソコンには珍しく10キーまで搭載されているので、欲しかった人にはありがたいかも? ただし、周辺のキーレイアウトについては、若干好みの差が出るかもしれません(筆者は左下にあるファンクションキーとCtrlキーをいつも間違えてしまって四苦八苦していました)。タッチパネルについては結構感度が良いので、「タイピングの際に触れてしまう~!」という人は別途マウスを使いつつ、設定変更すると幸せになれそうです。

液晶は見やすく、長時間の作業でも苦になりませんでした。ライブカメラとマイクも内蔵されているので、ためしにガジェ通生放送なんかも試験放送してみました。調光やピント、マイクの音質にこだわる場合にはもちろん別途取り付ける方が良いのですが、気軽にライブチャットやweb生放送をするのであれば十分、放送に耐えうるクオリティです。

がっしりとした高級感あふれるボディです。インプレッションとして確認したところ、金属性のボディは放熱がしっかりしている印象でした。さて、グラフィックにはNVIDIA GeForce 9800M GSを搭載していることから、ネットゲームを目的に購入を考えている方がいらっしゃるかもしれませんので、主要PCゲームのベンチマーク結果を取り上げてみたいと思います。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。