ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【空旅のススメ】(10) ドイツの空港にある「展望デッキ」がすばらしい

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

DSC_5356
以前の記事で、海外では展望デッキの存在そのものが珍しいと書いた。現にヨーロッパだと、フランス・パリのシャルル・ド・ゴール空港、イタリアのローマ・フィウミチーノ空港などには展望デッキが存在しない。
一方、空港の展望デッキに力を入れる国もある。たとえば、ドイツ。フランクフルトやベルリン・テーゲル、デュッセルドルフなどの空港には、ターミナルに直結する展望デッキがある。
日本からも直行便があるデュッセルドルフの場合、展望デッキの入場料は2.2ユーロ。日本の展望デッキは無料もしくは100円程度なので、300円ほどする入場料は高いと感じるかもしれないが、海外という治安面から考えると、決して安くないと考える。
そして、とても素晴らしいのが、展望デッキの環境で、とにかく「柵が低い」。子どもが柵のそばに立っても、その柵が邪魔にならないほど配慮されている。日本の空港にある展望デッキがどんどんワイヤーフェンスや高い柵が設置されているのと、はっきり言って大違いといえる。
ただ、ドイツで飛行機を撮る際に注意したいのは、航空無線が使えないこと。もし、使っているのが見つかったら連行されるので要注意。各空港の展望デッキには警備員の数も多い。
その他、ヨーロッパの国で「飛行機撮影」に寛大なのは、スイスのチューリッヒ空港、イギリスのロンドン・ヒースロー空港などが有名だ。
DSC_5375
(Written by Aki Shikama)
【Nicheee!編集部のイチオシ】
チェコ・プラハ ホテルにキムチも! 韓国人観光客に大人気な理由
ランチがピーナッツだった! 韓国LCC「チェジュ航空」搭乗記
韓国に増えつつある?「dorayaki」

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。