ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンクBB、光回線サービス「SoftBank 光」を3月1日より提供開始、ソフトバンクモバイルとワイモバイルユーザー向けのセット割りも提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンク BB は 1 月 30 日、NTT のフレッツ光を利用した新たな FTTH サービス「SoftBank 光」と、ソフトバンクグループのソフトバンクモバイルとワイモバイルのスマートフォンとのセット割を発表しました。サービス開始日は 3 月 1 日で、2 月 4 日より事前申込受付が開始されます。SoftBank 光は、NTT ドコモが昨日発表した「ドコモ光」と同様に、NTT 東西のフレット光を独自ブランドで提供するインターネット接続サービスです。利用料金は、光回線とプロバイダのセットで戸建タイプが 5,200 円+税 / 月、マンションタイプが 3,800 円+税 / 月。なお、SoftBank 光では、Yahoo! BB が提供している各種オプションサービスも利用できます。この SoftBank 光にソフトバンクモバイルのスマートフォンのユーザーが申し込むと「スマート割引き」が適用され、スマ放題のデータ定額パックの場合は 2,000 円 / 月、スマ放題のデータ定額パック・標準の場合は 1,522 円 / 月、スマ放題のデータ定額パック・小容量と 3G ケータイ、ホワイトプランの場合は 500 円/月の割引を受けられます(この金額での割引は 2 年間で、3 年目以降は減額されます)。SoftBank 光にワイモバイルのスマートフォンのユーザーが申し込むと「光おトク割」が適用され、1 回線あたり 1,000 円 / 月の割引を受けられます。割引額の上限は、戸建プランの場合は 4 回線以上 5,200 円、マンションタイプの場合は 3 回線以上 3,800 円/月になります。Source : ソフトバンク(PDF)、ワイモバイル


(juggly.cn)記事関連リンク
VAIOスマートフォンのパッケージデザインはブラックの化粧箱に「VAIO」ロゴがプリント
OnePlus、自社ROMの名称を「OxygenOS」に決定、2月12日に詳細を発表
MediaTek、CDMA2000をサポートした64bitオクタコアプロセッサ「MT6753」を正式発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP